« ちりとてちん 総集編(後編) | トップページ | ラスト・フレンズ 第5話 »

2008年5月 6日 (火)

ハトヤホテル(伊東温泉)

「伊東に行くならハ・ト・ヤ」というCMはある世代以上の人にはかなり有名なのがハトヤホテルです。超高級温泉旅館というイメージが先行していますが,その実態は意外に知られていません。ちょっと前に泊まった機会があり,その際の印象がかなり良かったので,このたび,夫婦で泊まってきました。予約は例によってインターネットです。「バイキング海側和室プラン」というもので,1泊2食付きで1人約14,000円でした。

ホテルのエントランスやロビー,通路などは赤いじゅうたんが敷き詰められており,いかにも昭和の温泉旅館の雰囲気をかもし出しています。今時こういう旅館も珍しいです。翌日に泊まったホテル日航東京の洗練とは対極にありますが,なんとなく懐かしい感じなのです。私たちが泊まったのは「シアター棟」という建物でしたが,ロビーのある本館との連絡通路も,妙にレトロな感じなのです。パリのシャルル・ドゴール空港の通路みたいというのは妻の受けた印象です。確かに作った時期は意外に近いかもしれません。私はなんとなく「食道」みたいと思いました。

08042716p1010310 08042716p1010317

写真右がシアター棟,左がシャルル・ドゴール空港を思わせる(?)連絡通路の内側です。

私たちが泊まったのは1302号室,最上階です。ただ,実際は9階くらいに当たる高さだと思います。階数のつけ方もよくわかりません。ホテルが高台にあるので,とりあえず,窓の外からは伊東市街と相模湾が一望でき,かなりいい眺めでした。この眺望は,秋保や鳴子では味わえないものです。このブログ立ち上げの大きな目的が「夜景の綺麗なホテル」の体験記を記載することなので,ここでも夜景について一応触れますと,翌日のホテル日航東京などと比較すると,どうしても見劣りしてしまうのはやむを得ないところですが,これは比較する方が悪いかも。伊東の夜景が一望でき,まずは満足できるものでした。

08042719p1010325_2

これが伊東の夜景です。

客室はごく一般的な温泉旅館の設備です。内装が少し古いのは否めませんが,よく手入れされていて,傷んだ印象は受けません。トイレもウォッシュレットが付いていて,快適に過ごせる条件は整っていると思います。ただ,ちょっと壁が薄いのか,隣の部屋の声が聞こえてくることが結構ありました。

温泉についてですが,かなり大きな旅館なので,循環風呂なのかと思いきや,意外にも(加水はしているようですが)かけ流し式です。男女いずれの大浴場も3つほど大きな浴槽があり,ゆったりと入ることが出来ます。お湯はくせのない柔らかいお湯ですので,体にも負担があまりない,疲れを取るにはもってこいの泉質です。なぜか旅行会社のパンフレットなどでは積極的に浴場について宣伝していませんが,かなりレベルの高い浴場だと思います。また,このホテルでは露天風呂がないのが特徴です。積極的に宣伝していないのはその点もあるのかとは思いますが,私自身は露天風呂は外からごみが入ったりしやすいのであまり好きではないため,別に気になりませんでした。その代わりというのでもありませんが,このホテルでは各客室に温泉が給湯されているので,部屋の浴室で温泉を味わうことも出来ました。湯気で曇ったガラス越しに伊東の夜景を見ながら気軽に貸切風呂(もちろんかけ流し)を楽しめるのもなかなか贅沢だと思います。

08042716p1010307

客室の浴槽です。石で作られていて,ちょっと高級感があります,ここに温泉が給湯されます。

夕食,朝食はバイキングです。それ自体は珍しくないのですが,このホテルの場合,昔の宴会中心の温泉旅館としての設備の名残で,食事スペースに余裕のあるせいか,部屋ごとにテーブルが決められていて,その部屋の人たちが食事を終えるとその日はもうそのテーブルを使わないという,かなり割り切った使い方をしています。料理自体はバイキングにありがちな,鮮度に問題がある料理が出てくるとかいったことはまったくなく,バリエーションも豊富でとても美味しかったです。特に,妻はさざえのつぼ焼きがお気に入りでした。また,食事場で接客にあたる従業員の方がとても穏やかな応対をするのも好印象です,フロントでも感じたのですが,このホテルの従業員はベテランの方が多く,社員教育の賜物というよりは,これまでの深い経験に裏打ちされた暖かさを感じます。

結論としては,とてもコストパフォーマンスが高い旅館です。旅行の形態が昔と変わり,以前のような団体旅行向けの温泉旅館の経営は厳しいと思いますが,このホテルは,かつての設備を最大限活用して,設備投資を抑えています。その結果,昭和時代のレトロな内装がかえって魅力的なのが不思議です。

08042716p1010319

(かわいい消防車「ハトヤ消防隊」も健在です。)

一方で,バイキングの中では質の高い料理,かけ流しのレベルの高い温泉と浴室給湯,よく手入れされたそれなりに快適な客室,ベテラン従業員による丁寧な応対と現代の旅館に要求されるサービスもしっかりと満たしています。正直,建物はかなり古いので,いつまで営業できるのか心配なのですが,特に家族連れでやりくりが厳しい場合などはぜひ宿泊候補に入れてほしいと思います。値段以上の満足感は得られますよ!

|

« ちりとてちん 総集編(後編) | トップページ | ラスト・フレンズ 第5話 »

日帰り温泉・温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/41116327

この記事へのトラックバック一覧です: ハトヤホテル(伊東温泉):

« ちりとてちん 総集編(後編) | トップページ | ラスト・フレンズ 第5話 »