« ラスト・フレンズ 最終話 | トップページ | 「僕の彼女はサイボーグ」を見ました。 »

2008年6月21日 (土)

笹谷温泉(一乃湯)

この温泉の存在自体は前から知っていました。山形道笹谷インターの近く,国道286号沿いにあり,意外に目に付く場所です。でも,温泉目的だとやはり遠刈田温泉とか小原温泉に足が向くことが多く,これまで入ったことはありませんでした。しかし,結構前の「日経トレンディ」に取り上げられて,その希少価値に驚かされたので,いつか行ってみたいと思っておりました。結構他県ナンバーの車も見られたのにはびっくりしました。

この温泉の特徴は,なんといっても珍しい「芒硝鉄泉」という泉質(温泉のHPによると全国唯一だそうです。)と,温泉の硬度です。硬度1439というのは,「やせるミネラルウォーター」として知られるコントレックスが硬度1550程度ですから,相当な硬水です。ちなみに行くときにエビアンを買って飲んだのですが,エビアンは硬度300程度で,それでも硬水ということなので,いかに笹谷温泉の硬度が高いかわかります。

この温泉の入浴料は大人1,000円と結構高いです。一応宿泊は出来るようです。温泉自体は残念ながら循環でしたが,源泉の温度が39度ということなので,仕方ないかと思います。

湯加減は熱すぎずちょうど良い感じでした。温泉の成分から,肌にぴりぴりするかと思っていましたが,意外に柔らかい感じのお湯で,気持ちよかったです。茶褐色のお湯が湯船に満たされていて,温泉気分を満喫させてくれます。露天風呂もあるようですが,今回は水が抜かれていました。また,洗い場の蛇口は一応ちゃんとしていましたが,お湯の出が悪いものが多かったのが気になります。(最近,そういう所にあたることが多いです。)

この温泉で気になった点は,表示等が不十分で説明不足な部分が散見されること,また,メンテナンス不足が目に付くことでした。露天風呂についても,使えないならそういう表示をして露天風呂に行かないようにすべきだし,飲泉が出来る場所もはっきり表示されていませんでした。また,蛇口のお湯が出ないのも,入浴料1,000円の施設としてはお粗末です。休憩所の冷水機からは常温の水が出てきました。

飲泉ですが,休憩所で飲めるようになっていた(はっきりは表示されていませんでしたが,ポリタンクに少し茶色がかった水が入れられていたので,多分温泉の水でしょう。)ので飲んでみました。なんとなく土が混じったような味がしてあまり美味しくありませんが,成分がとにかく濃いので仕方ないでしょう。帰ってきてから3時間くらい経っている状態でこのブログを書いていますが,今のところ体に目立った変化はありません。

結論ですが,細かいメンテ不足はありますが,入浴自体は結構気持ちよく入れるものでした。ただ,国内でも珍しい成分なので強気な価格設定なのでしょうが,入浴に1,000円はちょっと高いというのが正直なところです。どちらかというと飲泉向きの温泉なのかもしれません。温泉の水も販売されているようですし,継続的に試してみてもいいかも。ただ,容器持参でも10リットル2,000円はちょっと高いかも。でも,最初にも書きましたが,成分は希少価値が高いので,ちょっと試してみようかな?

浴室の設備 浴槽:3m×3m,1.5m×2m各1つ(露天風呂あり。ほかに直径3m程度の円形の浴槽もあったが,温泉ではなさそう)。洗い場:10人程度が一度に使える。シャワー付き(調子があまり良くない)。シャンプー・ボディソープ等:あり

(追記:自販機は街中と同じ値段でした。あと,「クリスタルガイザー」が自販機に入っていたのがなんとなく受けました。)

|

« ラスト・フレンズ 最終話 | トップページ | 「僕の彼女はサイボーグ」を見ました。 »

日帰り温泉・温泉旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/41600321

この記事へのトラックバック一覧です: 笹谷温泉(一乃湯):

« ラスト・フレンズ 最終話 | トップページ | 「僕の彼女はサイボーグ」を見ました。 »