« 祖母の一周忌 | トップページ | 大河ドラマ 天地人の配役発表 »

2008年6月 3日 (火)

連続テレビ小説 瞳

出勤前に見ています。簡単にいうとダンサー志望の女の子がひょんなことから祖父の家で里子の面倒を見るというものです。

正直,放送する前は月曜ドラマ「ジイジ」で実績のある西田敏行と榮倉奈々のコンビだし,里子制度という社会的なテーマを扱うので,意外に当たりかもと思っていましたが,今のところそれほどでもありません。

どうも,里子の初恋の話や,前田吟と木の実ナナの恋の話とか,昔の里子のフィアンセの浮気とか,サイドストーリーに時間が割かれて,肝心な主人公をめぐるテーマが散漫になっています。また,このサイドストーリーが妙に共感できないものが多く,ドラマへの感情移入を阻害しているように思います。あと,ヒップポップダンスは連続テレビ小説にはなじまないような気も・・・。

そんな中,今日は瞳が児童相談センターで里子制度の研修を受ける話で,このドラマを見ていて初めてすっきりと見られるものでした。やはりNHKは仕事をしている人を描くのが上手です。研修シーンとかも違和感なく見ることが出来ました。

掲示板などでいろいろ書かれていますが,榮倉奈々は一生懸命頑張っていますし,あとは里子制度とヒップポップダンスをを通しての瞳の成長を中心に丁寧に描くことで,ある程度はいいドラマになると思います。でも,2007年3月の時点からドラマがスタートしているのは,成長を描く上では不利ですね。やっぱり設定が練られていかったのかな?

※ちなみに,東京都の児童相談センターという設定をみて,「ラスト・フレンズ」の宗佑がもしかすると出入りしてたんじゃないか,と妄想してしまいました(苦笑)

|

« 祖母の一周忌 | トップページ | 大河ドラマ 天地人の配役発表 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/41418039

この記事へのトラックバック一覧です: 連続テレビ小説 瞳:

« 祖母の一周忌 | トップページ | 大河ドラマ 天地人の配役発表 »