« (番外編)サミット会場のホテル | トップページ | 四つの嘘 第1回 »

2008年7月 8日 (火)

モンスターペアレント 第2話

今日は手短に。

いくら教育現場とはいえ,理不尽な要求をしてくる相手には,しっかりと事実関係を確認した上で,法律に則って厳正に対応しなければならない(そのための法律だと思うんですが。)し,そのために弁護士を入れているのではないかと思うのですが,先生が対応について謝るという,真逆の方向に行ってしまったように見えたのはとても残念です。ああいうある意味「なあなあ」の解決なら弁護士は要りません。

まあ,先生も確かに言い方が悪かったのかも知れないけど,日曜日に友人同士で遊んでいた事件に対してどこまで対応する必要があるのでしょうね?指導主事の先生も,ただ話し合いを主張するだけで,解決のシナリオを提示できないのであれば,問題の先延ばしに過ぎないと思うのですが,そのあたりも説明不足でしたね。

先週と打って変わって,非常に疑問点が多い話でした。

|

« (番外編)サミット会場のホテル | トップページ | 四つの嘘 第1回 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/41780408

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターペアレント 第2話:

» モンスターペアレント 第1話『娘の担任をかえろ』 [ドラマ好き必見!「 モンスターペアレント 」]
ドラマ好き必見!「 モンスターペアレント 」の動画を集めましたウィルソン・城山法律事務所に勤める高村樹季(米倉涼子)は、その美貌と優秀さで大手企業のクライアントをいくつも抱える、社内売り上げトップを常に独走する弁護士。ある日、樹季は事務所のシニアパートナーの城山幸太郎(草刈正雄)に頼まれ、とある市庁舎の教育委員会を訪ねた。教育長の田川龍之介(角野卓造)と面会するが、何の説明もないまま職員の望月道夫(平岡祐太)に案内されいくつかの小学校を回ることに。校長を相手に担任教師の関西弁が子供へ悪影響を与えてい... [続きを読む]

受信: 2008年7月10日 (木) 01時54分

« (番外編)サミット会場のホテル | トップページ | 四つの嘘 第1回 »