« ゴンゾウ 第1話 | トップページ | Tomorrow 第1話 »

2008年7月 6日 (日)

監査法人 第4話

意外にあっさりした回という印象です。簡単にいうと,東都銀行の不正発覚が原因で金融界の一大スキャンダルに発展し,ジャパン監査法人も崩壊するというストーリーでしたが,そういった緊張感はあまり感じられませんでした。

多分,検察が監査に入るところや,若杉と小野寺の会話など,一見格好いいシーンに力が入りすぎて,東都銀行やジャパン監査法人側の人々の追い詰められていく姿があまり描かれていなかったからだと思います。確かに,ヒルズやミッドタウン(はこの当時なかったような気もしますが・・・)の夜景を背景にスーツを着こなした男たちが話し合うシーンは絵になっていますが,肝心の,その裏にある厳しさが描けないようでは本末転倒です。もっと丁寧に迫力ある描写を期待していたのですが,ちょっと残念です。

でも,吉野さん(勝村政信)が生きていたのは良かったです。今のところ,このドラマで一番彼の立場に共感できたので。仕事をしていると,しがらみの中で心ならずも自分が正しいと思った行動ができない場合って結構多いのではないでしょうか?

若手と上司の価値観の違いの挟間の中で苦悩しながら,良心を取り戻してしっかり監査を実施する吉野さんの姿は立派でしたですし,それが彼にとって幸せに結びつかないところも良く出来ていました。多分,逮捕されてしまうんだと思いますが,罪を償ったあとは良心に忠実な人生を歩んで欲しいと思います。(そういえば,「コード・ブルー」にも勝村政信が医者役で出てきたのですが,「吉野さん,医者になったのか!」とか思ってしまいました(笑))

まあ,あとはやはり若杉の描写に問題がないでしょうか?東都銀行の監査を厳格に行うことがどのように様々な人々の人生に影響してくるか,吉野さんの失踪までそのことに気づかないなんて,ずいぶん鈍感な話ですし,酒場に出入りしているいかにも怪しそうなベンチャー経営者もあまり気にしていないようですが,人を見る目もあまりないように思います。その彼を理事長や小野寺さん,吉野さんが買っているというのも妙な感じがします。

というわけで,今週は主人公の登場時間が多いためか(皮肉な話ですが),話のバランスがいま一つでした。理事長とか東都銀行社長とか,もう出て来ないのかな?とするとちょっともったいないです。

|

« ゴンゾウ 第1話 | トップページ | Tomorrow 第1話 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/41752026

この記事へのトラックバック一覧です: 監査法人 第4話:

« ゴンゾウ 第1話 | トップページ | Tomorrow 第1話 »