« Tomorrow 第1話 | トップページ | EOS KISS X2を買いました。 »

2008年7月 7日 (月)

あんどーなつ 第1話

初回としてはとても素晴らしかったと思います。

主演の奈津を演じる貫地谷しほりは,「ちりとてちん」や「キミ犯」とはがらっと演技を変え,とても落ち着いた印象でした。とてもしっとりとした雰囲気で素晴らしかったと思います。正直,「キミ犯」のときのようなテンションの高い演技では視聴者が引くのではないかと心配していたのですが,さすがに貫地谷,基本的に抑えた演技ながらメリハリを効かせ,表情で心理を上手に現わしていました。ただ,顔が結構疲れているような気もします。演技に影響していないのはさすがですが,あまり無理をさせないで欲しいです。

師匠の梅吉役の國村隼も,渋い実力派の和菓子職人を好演してました。(でも,やはりカモカのおっちゃんのイメージが強いです。)良くありがちな,いたずらに意地を張って話を引っ張らず,わりに早い段階で奈津の弟子入りを認めるのも良かったです。

和菓子屋の女将さんや若い職人さんも,ほんわか暖かいムードでいい感じでした。浅草の町の感じも活気がありながら,どことなく落ち着いた雰囲気をかもし出しています。人情話を入れながら,必要以上に湿っぽくならず,テンポがいいドラマだと思います。梅吉が奈津を認めるところも,ちゃんと伏線を張ってあるなど,自然に納得できるような脚本になっていると思います。前にも少し触れましたが,脚本は「芋たこなんきん」を手がけた長川千佳子という人が担当されていますが,この人の脚本によるところも大きいのではないでしょうか?演出も最近の「日曜劇場」と同じTBS系とは思えないほど落ち着いていました。

というわけで,「落ち着いている」を連発してしまいましたが,本当に派手さはありませんが,俳優,脚本,演出がよくまとまっていて,今時貴重なほんわかと暖かい,いいドラマに仕上がっていると思います。月曜8時は少し早すぎるので,リアルタイムで見られるかは結構微妙ですが,続けて見ていきたいと思います。

|

« Tomorrow 第1話 | トップページ | EOS KISS X2を買いました。 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/41765858

この記事へのトラックバック一覧です: あんどーなつ 第1話:

« Tomorrow 第1話 | トップページ | EOS KISS X2を買いました。 »