« ちょっと一休み | トップページ | ゴンゾウ 第8話 »

2008年8月25日 (月)

あんどーなつ 第8話

今回は、奈津の生まれ故郷、福井への帰郷と、主題歌を歌う「monkey majik(仙台発のアーティストです。)」の外国人2人の出演という二つの大きな(?)トピックがあったので、ちょっと注目でした。特に、前者は主演の貫地谷しほりが「ちりとてちん」でやはり福井県出身のヒロインを演じていたので、そういう意味でなにか仕掛けがあるのかというのも気になるところではありました。

しかし、まあ、このドラマはいい意味で仕掛けがあざとくないので、この2つともドラマの流れの中でごく自然に処理されてしまって、特筆すべきところはありませんでした。「ちりとてちん」を意識するところは全くなかったし、「monkey majik」の2人も全然違和感がなかったので、ちょっと拍子抜けです。

でも、お話としては、奈津の帰省と親戚とのふれあい、和菓子職人としての決意、それと、浅草の魚屋の息子が親から離れて自分の道を歩む決心をするまでの心の動きを絡め、相変わらず上手にまとまっています。奈津を必要以上に出しゃばらせないので、話が自然すぎて突っ込みどころがないのが欠点といえば欠点かもしれませんが、相変わらず落ち着いたいいドラマだと思います。

あと、主題歌もいいです。「monkey majik」って雰囲気の優しい歌を作りますね。8月27日発売のようなので購入しようと思っています。多分ダウンロードかな。

|

« ちょっと一休み | トップページ | ゴンゾウ 第8話 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/42274263

この記事へのトラックバック一覧です: あんどーなつ 第8話:

« ちょっと一休み | トップページ | ゴンゾウ 第8話 »