« 流星の絆 第2話 | トップページ | 陽炎の辻2について »

2008年10月25日 (土)

鳴子峡突撃(?)撮影記

昨日もちょっと書きましたが、鳴子峡に紅葉の写真を撮りに行ってきました。

なにしろ紅葉真っ盛りの時期だけに、国道47号線は激しい渋滞が予想されるため、それを避けるため早朝の出発です。妻を起こして、5:40仙台発で、東北道→国道47号線というルートで、7時過ぎには鳴子峡レストハウス手前の無料駐車場に着きました。

鳴子峡レストハウスそばの駐車場は結構大きいのですが、8時30分から有料になるとのことで、こちらは使いませんでしたが、一応、その時間までは無料で入れるようです。

手前駐車場から、鳴子峡レストハウスまでは少し歩きます。途中、大きな橋(大深沢橋)を渡るのですが、この橋の上にはまだ朝も早いのにカメラマンが10人以上陣取って、撮影の準備です。この橋からは、陸羽東線の列車がトンネルを出て、川を渡るところが見えますので、どうもその撮影の準備のようです。みんな線路にカメラを向けていたので。私は鉄道も好きですが、そこまで気合いは入っていない(笑)のでパスです。でも、渓流沿いの紅葉がとても美しい場所でした。

鳴子峡レストハウスのそばからは、鳴子峡の紅葉が一望に出来ます。さっき渡った大深沢橋がいいアクセントになります。ここの紅葉は赤と黄色がとても色鮮やかで、常緑樹の緑色も混じり合ってとても綺麗です。さすがに紅葉の名所はひと味違います。

ただ、惜しむらくは、天気があまり良くなくて、日光があまり当たらなかったので、やや鮮やかさに欠ける印象でした。快晴の日なら、青空に紅葉が映えてもっと美しいのでしょうね。

Img_0394

上の写真はこの時撮ったものです。RAWで撮って画像処理するとごまかしが効きますね。ちなみに、レストハウス側から撮ると、朝7時台は丁度順光なのでPLフィルターはいらないかな、と思います。

レストハウス側は撮影できる場所が結構広かったのですが、7時台にもかかわらず、かなり大勢の人が紅葉を見に来ていたのには驚きました。観光バスも3台も来たのにはびっくりです。ただ、この時間ならまだ駐車場には余裕がある印象です。ただ、9時頃には結構車が来るんだろうな。

というわけで、天気は少し残念でしたが、結構満足できました。往復2時間以上車のシートに座っていても、腰も痛くならなかったのも嬉しいことでした。今度は鳴子峡の遊歩道をゆっくり歩いてみたいなと思いました。

|

« 流星の絆 第2話 | トップページ | 陽炎の辻2について »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/42900580

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子峡突撃(?)撮影記:

« 流星の絆 第2話 | トップページ | 陽炎の辻2について »