« 2008年10月期ドラマ展望 | トップページ | 小児救命 第1話 »

2008年10月15日 (水)

腰痛(その3)

3連休に外出したいのをこらえて静養した甲斐あってか、今日はだいぶ状態が良くなったような気がします。昨日まではどう体を動かしても「ぐきっ」と行きそうな気がしたのですが、今日はなんとなく安心感が持てます。でも、変な動きをすると相変わらず違和感があるので、今週末くらいは静養しておいた方がよさそうです。

で、薬が明日で無くなるので、早めに医者に行ってきました。先生に、痛みが続くようなことはなくなってきたと話したら、「リハビリやりませんか?」とのこと。ちょっと興味があったので、受けてきました。

メニューは、腰をヒーター(?)で暖めるのと、患部に電気を通すのと2つです。電気を通すのは何となく効果がありそうでしたが、暖めるのは、今もらっている冷湿布と矛盾するのではないか?とか思いました。(本当は、急性期かどうかなど、患部の状態を適切に説明してもらえるといいのですが、このあたりの説明はありませんでした。相手は専門家なので、何となく素人は聞きづらいものです。)炎症が残っている場合には、暖めるのか冷やすのかって意外に難しいものです。なんとなく、今の感じだと、急性期は過ぎて、患部に凝りが残っている感じが強いので、暖めた方が良さそうな気がしてきました。

あと、腰をヒーターで温めているときに、同じ部屋に膝にホットパックを受けている年配の方が2人ほどいて、「やっぱりリハビリにはホットパックが不可欠なのね」と思ってしまいました。

ちなみに、リハビリはまめに通った方がよく、診察なしでも受けられるそうなので、もう1回くらい受けてみようと思います。

|

« 2008年10月期ドラマ展望 | トップページ | 小児救命 第1話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/42800920

この記事へのトラックバック一覧です: 腰痛(その3):

« 2008年10月期ドラマ展望 | トップページ | 小児救命 第1話 »