« 「スウィングガールズ」を見てしまいました。 | トップページ | 流星の絆 第5話 »

2008年11月13日 (木)

病院で損をしないためには?

腰痛もだいぶ良くなって、仕事を休むのは嫌なので、夕方、仕事を終えてから病院に行くようにしたのですが、そこで、夕方になると診察料が割り増しになることに気づきました。土曜日の午後なんかも一緒です。

いろいろ調べてみると、どうも、夜間とかの診察料を割り増しにして、普通の病院の診察時間を延長するように促し、夜間に救急病院に患者が集中するのを避けることが目的のようです。

なるほどとは思いましたが、本当に救急病院が大変と考えられる夜中とかに、診察料を増やすだけで一般の病院が診察時間を延長するかは疑問です。お医者さんや看護師さんもやっぱり夜は休みたいでしょうしね。

まあ、厚生労働省としては、救急病院の混雑緩和という課題に対応するために何かしなくてはならないということで打ち出したんでしょうけど、いまのところもくろみ通りには行っていないような気がします。この改定で、割安な時間帯に患者さんが集中して、患者さんも待たされて不満だし、病院は病院で勤務密度が上がってスタッフが疲労してしまうという双方にマイナスな結果を生むのではないかと心配です。

今日は、割増分を払うのは嫌だし、ほかに用事もあったので久しぶりに午前中に病院に行きました。週の真ん中だし、月曜日ほど混んでいないだろうと思ったら、予想外に大混雑でした。しかも、リハビリのお年寄りが一杯です。この人達が回復が望めないまま漫然と病院に通い続けるとものすごい医療費になるんだろうな、と思いました。この人達は本当にリハビリに通い続けるしかないんでしょうか?私もリハビリは受けていますが、本当に効いているかわからないので結構さぼりがちです。さぼっても別に悪化しないし。

どのように日本の教育を進めていいかわからなくなって右往左往している文部科学省と比較して、厚生労働省は課題解決のために、まだそれなりに理屈ある方針を打ち出しているような気が最近してきましたが、でも、本当に現場を見ているのかな?と疑問に思うことしきりです。もう少し検証をしっかりして有効な対策を出していくことを期待したいと思います。

といろいろ書いてきましたが、薬をもらうだけで2時間(!)かかるのは何とかしてほしいという心の叫びが本心でございます。

|

« 「スウィングガールズ」を見てしまいました。 | トップページ | 流星の絆 第5話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/43106008

この記事へのトラックバック一覧です: 病院で損をしないためには?:

« 「スウィングガールズ」を見てしまいました。 | トップページ | 流星の絆 第5話 »