« 「252 生存者あり エピソード0」 | トップページ | レッドクリフ part1 »

2008年12月 6日 (土)

シグマ28-105mmF2.8-4アスフェリカルについて

このレンズは結構前から持っていたレンズで、デジタルカメラには対応していませんので、描写とかは最新のレンズより落ちるかもしれませんが、折角なのでEOS KISS X2にも使いたいと思っていました。

でも、少し古いシグマレンズには、マウントが合ってもキヤノンの新しめのカメラにセットするとエラーが出て撮影できないという不都合があります。

私のカメラにこのレンズをセットしたところ、やはり絞り開放以外はエラーが出て使えません。ただ、いろいろ調べてみると、メーカーに連絡すると無料で修理してくれるらしいので、メールで連絡を取ってみました。

結果としては、やはりその通りで、無償でROM交換をしてくれるというお返事をいただいたので、ヨドバシカメラ経由で修理に出しました。絞り不良のトラブルもあったということで、7000円ほどかかりましたが、無事帰ってきました。

ちなみに、メールの対応はとても親切で応対には満足しています。ただ、販売店を通すと1ヶ月ほどと、やや時間がかかるので、急ぎの場合はメーカーに直接送った方がいいようです。(この場合、10日ほどで直るようです。)

で、このレンズで撮影するとこんな感じです。

Img_0674

私はプロではないのでよくわかりませんが、別に普通に写す分には全く問題ない描写のような気もします。これで、主力レンズのタムロン18-50mmF2.8と合わせて、広角から中望遠までカバーできるようになって良かったです。

ちなみに写したのは今や希少なキハ58系「なつかしの急行あがの」です。指定席は完売だったようですが、結構空席があったような気がします。

私はキハ58系自体は昔さんざん乗ったので、あまり乗りたいとは思わなかったのですが、空席が多いのは何となくかわいそうな気もします。

私も知らなかったのですが、こういうイベント列車は指定席券と乗車券の収入両方で採算を取るので、指定席券だけ買って実際乗らないと採算が取れないそうです。まあ、指定席券と乗車券セット売りにするとか、対応はあるような気もしますけど。

|

« 「252 生存者あり エピソード0」 | トップページ | レッドクリフ part1 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/43334789

この記事へのトラックバック一覧です: シグマ28-105mmF2.8-4アスフェリカルについて:

« 「252 生存者あり エピソード0」 | トップページ | レッドクリフ part1 »