« 「本日も晴れ、異状なし」第1回 | トップページ | 土曜時代劇「浪花の華 緒方洪庵事件帳」第3回 »

2009年1月23日 (金)

ラブシャッフル 第2話

先週の視聴率は10%というあり得ない視聴率を叩きだして、結構びっくりでした(笑)。なんとなく、この時代にあえてノスタルジックなバブル感をアピールしようとして、見事に失敗したような気がします。まあ、ここまで豪快に外すとかえって爽快感がありますね。

さて、第2話ですが、恋人交換の第一ラウンドです。どこも微妙な感じです。特に、宇佐美と玲子のシーンは苦手です。なんとなく下品な感じがしました。昔の野島伸司のドラマってショッキングなシーンが多かったけど、どこか上品な雰囲気があったような気がしていたのですが、特に玲子のシーンはあまり見たくないな、と思いました。

その他でいうと、旺次郎が愛瑠を撮影する中でいろいろ語りが入る部分や、諭吉が海里と付き合う中で、海里がリストカットしていたことがわかる部分などは、良くも悪くも野島伸司らしいな、と思います。でも、微妙にフィットしていなかったな。ちなみに、DAIGOのせいではないと思います(笑)。いろいろネットで書かれていますけど、別に違和感はないですけどね。

一番見ていて安心できたのは、菊田-芽衣のラインです。谷原-貫地谷は大奥でも共演していたせいか、違和感がありません。芽衣にとっては、宇佐美より似合うような気がします。でも、ラスト近くで宇佐美達がプールバーで騒ぎになっているときの感じでは、芽衣は、やはり宇佐美のことが好きなのでしょう。彼らしさを取り戻してほしくて、あえて突き放す意味で恋人交換に参加しているのかもしれません。そんな流れが少し見えたような気がしました。

まあ、なんだかんだ言って、寒い台詞とシーンの連続も含め、結構面白かったです。一話完結に近いので、次回からでも話にはついて行きやすいです。いまどき珍しいアナクロさを味わってみるのもいいと思います(笑)。

|

« 「本日も晴れ、異状なし」第1回 | トップページ | 土曜時代劇「浪花の華 緒方洪庵事件帳」第3回 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/43835443

この記事へのトラックバック一覧です: ラブシャッフル 第2話:

« 「本日も晴れ、異状なし」第1回 | トップページ | 土曜時代劇「浪花の華 緒方洪庵事件帳」第3回 »