« 映画版「ハゲタカ」(その2) | トップページ | 警官の血 第一夜 »

2009年2月 7日 (土)

ラブシャッフル 第4話

今週は予告の見せ方が上手くて、すっかりだまされました(笑)。

愛瑠と芽衣が暴走族に連れ去られるのかと思っていたら、連れ去った人たちは諭吉に雇われた人たちで、暴走族は助けに来たのですね。宇佐美の啖呵も台無しです。

この2週間、宇佐美の格好いいシーンが最後に入るので、今週も(なんかわからないけど)宇佐美が格好良く2人を助けるんだろうな、と若干のマンネリ感を感じつつ予想していたのですが、見事にだまされました。

このあと、会社に乗り込んできた暴走族リーダー(この人がかなり男らしく、格好良かったのが、またあり得ないけどいい感じでした(笑)。)との対決→屋形船での和解と繋がるのですが、こんなのあり得ないだろう、と思いつつ、なかなかすきっとした解決でした。この展開の中で、お金がすべてだと考えていた諭吉が、宇佐美や愛瑠、芽衣の言葉で人生、それだけじゃないんだということに気づいていく所も良かったです。

多分、あり得なさが嫌な人も多いと思いますが、私は全然気になりません。見る人の心がぱっと暖かくなるような展開がいいところです。(丁度、久しぶりに「だんだん」をちら見していますが、私は中年の、子どものある元夫婦のねとっとした三角関係を見ていると気持ちが悪くなります。好きな人も多いのでしょうか。)

あと、今週も旺次郎は良かったです。ある意味最も二枚目な役のような気がします。今週は海里とのラブシャーでしたが、実は誰とでも似合うのが凄いところです。

今まで無表情だった海里も変化が現れ出しましたね。やっと吉高由里子の良さが出てきたような気がします。硬質で陶器のような美少女、いかにも野島伸司の好きそうな(笑)キャラクターです。

今週ちょっと思ったのですが、海里には母親がいないのでしょうか?このあたりが正人の所に通っている原因なのかな、と思いました。(それにしても、父親が芸術家なあたり、片親だとすると「高校教師」の二宮家みたいだな。)玲子の胸を触らせてもらっているシーンがありましたが、もしかすると母性を求めているのかな?と思いました(多分考えすぎでしょうが)

玲子の一言にもあったように、来週のラブシャーで正人の真相も明らかになるような気もします。彼の机の写真の秘密は何なのでしょうか。いろいろな角度からますます気になる来週です。

|

« 映画版「ハゲタカ」(その2) | トップページ | 警官の血 第一夜 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/43980983

この記事へのトラックバック一覧です: ラブシャッフル 第4話:

» ラブシャッフル 主題歌 [インスタントなニュース]
TBS 金曜ドラマ『ラブシャッフル』番組提供食器★トマトサラダオーバルボール 白い食器 商品価格:1,690円レビュー平均:4.0 へっぽこ部長奮闘記: ラブシャッフル2005年7月の関白宣言の直後に関白失脚。2年後に部長となるもへっぽこ。そんな僕の日々を赤裸々に。ま、ゆっくりしていってくれ。(続きを読む) ラブシャッフル|りょこブロ飽きっぽいわたしが新たに始めたブログ。目標はとにかく続けること!(続きを読む) ドラマを見てひとりごと: ラブシャッフルの感想 4話テレビドラマの個人的な感想や突... [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 15時26分

« 映画版「ハゲタカ」(その2) | トップページ | 警官の血 第一夜 »