« 予告の追加とまさかの再々再放送!(映画版 ハゲタカ(その4)) | トップページ | 天地人 第15回「御館落城」 »

2009年4月12日 (日)

ETC割引を使っての甲信ドライブ

「ETCを使うと高速道路が1000円で乗り放題」が始まって3回目の今週末(11日)、私も利用してみました。

目的地は「真原の桜並木」(山梨県北杜市武川)です。ここの魅力はなんといっても甲斐駒ヶ岳(個人的には、私の好きな山NO1を鳥海山と争っております。)と桜並木の織りなす素晴らしい風景です。

仙台を午前1時過ぎに出発し、仙台南IC(東北道)羽生IC(一般道)東松山IC(圏央道・中央道)須玉ICというルートで走破し、目的地に着いたのは午前6時40分でした。

東北道はそれほど混雑していませんでしたが、中央道は朝6時前にもかかわらず渋滞一歩手前みたいな感じでした。やはり利用者が相当多いのかもしれません。サービスエリアも駐車場が満車に近い状態になっていました。

着いてみると、現地は快晴で、桜も満開、甲斐駒ヶ岳もはっきり見え、最高でした。ただ、桜並木の近くに結構柵が張り巡らされていて、写真は撮りづらかったです。

Img_0765 Img_0773

(甲斐駒ヶ岳と桜、とても綺麗でした。)

また、かなり早い時間だったのですが、土曜日ということもあって、結構車もいっぱい来ていて、すれ違いに苦労する姿も見られました。道も狭いこともあり、もっと遅い時間だと車だと身動きできなくなるかもしれません。

さて、最大の目的は達したのですが、まだ午前8時という事で、あちこち回ろうと思い、近くの清春芸術村に行って、また1枚。

Img_0779

この後、小淵沢ICから中央道に再び入り、長野道を経由し、豊科ICで降りて、次の目的地、白馬村に着いたのが大体11時頃です。ここでのお目当ては「大出の吊り橋」と白馬三山の織りなす風景です。ここは、紅葉の時期とかに来てみたいのですが、下見の意味で行ってみることにしました。

Img_0791

こちらはまだ桜も咲いておらず、ちょっと淋しい風景です。標高的には甲斐駒ヶ岳と白馬岳でほとんど差がないのですが、やはり北アルプスということで、雪の量が違います。それにしても、眼前に白馬三山が迫り、とても素晴らしい所でした。

帰りはR148で糸魚川に出て、糸魚川IC(北陸道・関越道・磐越道・東北道)仙台南ICというルートです。途中で「高校教師(93年版)」のラストシーンの舞台となった青海川駅を見ようと思って、米山ICで一回高速を降りたのですが、R8が折しも工事中で渋滞しており、入り口も見過ごしてしまい、引き返すのも大変だったので、結局見られなかったのが心残りです。高速料金も2倍になってしまいましたし。

というわけで、1日で1000キロ以上走って、結構大変でした。MR-Sはこういう用途には向かないことを痛感しました。仮眠もしづらいし、荷物の積み場にも困るし。次の機会ではインプレッサを使った方が良さそうです。あと、やはりカーナビがあった方がいいですね。

ただ、ETC割引自体はやはり、かなり使える制度です。仙台南-羽生間、柏崎-仙台南がそれぞれ1000円というのはやはり魅力です。

もっとも、景気浮揚への効果ってどうなんでしょうね?今回の場合、旅先では昼食代くらいしか使わなかったし、高速のサービスエリアでも、宿泊代節約のためか、布団とか積んで、家族全員で仮眠しているようなミニバンをやたら見たような気がします。こういう形態の旅行に利用されても、景気への効果ってあまり期待できないんではないかな、と思います。もしかすると、高齢者限定の平日ETC割引とかしたほうが、平日の旅館の利用促進も期待できるので効果があるんじゃないかな、と思いました。

|

« 予告の追加とまさかの再々再放送!(映画版 ハゲタカ(その4)) | トップページ | 天地人 第15回「御館落城」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/44646661

この記事へのトラックバック一覧です: ETC割引を使っての甲信ドライブ:

» カーナビ [misono 水着画像 動画 お宝]
そして!! 老舗旅館の贅に浸るたびで心身をリフレッシュ ETC割引を使っての甲信ドライブ 桜を追っかけ、信州・上田! 自転車用にピッタリな超小型ナビ「NV-U [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 11時11分

« 予告の追加とまさかの再々再放送!(映画版 ハゲタカ(その4)) | トップページ | 天地人 第15回「御館落城」 »