« 白い春 第1話 | トップページ | 週末のドラマについて(まとめて) »

2009年4月15日 (水)

臨場 第1話

結構期待していたのですが、「うーん・・・」という感じです。

役者さんは、主演の内野聖陽はもちろん、いつになくシリアスな演技を見せる高島弟、結構格好いい渡辺謙の息子など、皆頑張っていると思います。

ただ、話がシリアスすぎて、正直、面白くありません。謎が解けてもなんとなくすっきりしないのです。今回のように、痴情のもつれみたいな事件をテーマにするのは地味すぎて、解決したからどうなの?と思わせてしまうのはちょっと厳しいです。

やはり、ドラマを見終わったときには何か、すっきりした解決感を味合わせてくれる方がいいように思います。昨年の「ゴンゾウ」はそういう意味では、大きな謎を追いかけるということで、視聴者の興味をつなぎ、シリアスさ有り、コミカルさ有り、カタルシス有りという非常にバランスのいいドラマだったんだな、と改めて思いました。

|

« 白い春 第1話 | トップページ | 週末のドラマについて(まとめて) »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/44680847

この記事へのトラックバック一覧です: 臨場 第1話:

« 白い春 第1話 | トップページ | 週末のドラマについて(まとめて) »