« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月26日 (金)

「妻よ!松本サリン事件犯人と呼ばれて」について

一般的にはサリン事件というと「地下鉄サリン事件」の方が有名ですが、個人的には、このドラマで取り上げた「松本サリン事件」の方が印象に残っています。

この事件の当時、私は就職活動中でしたが、マスコミの報道の洪水が一方的に犯人像を作り上げていくことが、とても恐ろしく感じました。罪もない人を社会的に抹殺しかねないという点では、ある意味、この時のマスコミもオウム真理教と変わらないんじゃないかな、と思った記憶がありますし、本質的に、そういった過ちを犯すおそれは相変わらず消えていないような気がします。

このドラマを見て、そういった点は改めて感じました。とりあえず、マスコミ報道を鵜呑みにしない賢さが求められているような気がします(といっても、なかなか冷静さを保つのは難しいことですが。)

あと、警察があの手この手で主人公、河野さんを犯人にしようとする手口にも嫌悪感を覚えます。丁度、先週の「刑事一代」と同じような手法ですよね。あれはあれで感動しましたが、やはり、詐欺まがいの捜査っていかがなものなのでしょうかね。「刑事一代」のスタッフがこのドラマを見ていたらこのあたりについて聞いてみたい気もします。

それにしても、手法が変わらないのに、刑事を主人公にすると、多少の違法性はかまわないという気になるし、こういう、冤罪をテーマにすると、違法性のある捜査は良くないと思うし、印象が全く変わってしまうのには気をつけないといけないと思います。

さて、ドラマ自体ですが、ドラマ部分と当時の映像、現在の家族のインタビューがバランス良く入っていて、なかなか上手だったと思います。

それにしても、絵に描いたような幸せな家庭を襲った悲劇、警察やマスコミにも負けずに支え合う家族の姿が素晴らしかったです。特に、母親の欠けた家族を一生懸命まとめる長男の姿が印象に残りました。当時15歳なのに、よく頑張ったなあと思います。演じた浅利陽介も良かったです。河野さん役の石黒賢もあまり濃くなりすぎない演技で、良かったと思います。

この事件を取り上げると、どうしてもマスコミの過剰報道に触れざるを得ないので、マスコミそのもののテレビ局としては難しいところも合ったと思いますが、フジテレビはわりにこういう番組が上手で、ある程度マスコミの対応も批判的に取り上げていました、結構あざといところも多かったのですが、まあ評価していいのではないかな、と思います。正直言って、良作だったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月20日 (土)

「刑事一代」前編

主演が渡辺謙ということ、しかも、柴田恭兵と高橋克実まで出ると言うことで見ましたが、期待を裏切らないドラマです。

このドラマで特筆すべきは、ベテランの役者さんがとても迫力ある演技を見せることです。渡辺謙も高橋克実も、その他の役者さんたちも、みんな熱くて迫力あります。この2人は最初は反発し合っているのですが、いつしか名コンビになっていきます。このあたりもいいテンポで進んでいきます。

また、上司役の柴田恭兵は、久々の警察官役ですがとても格好いいです。特に声がとても綺麗ですね。部下をかばい、上には礼儀を踏まえた中で、しっかり主張するというとても素晴らしい上司です。影の主役と言ってもいいかも。

、役者さんたちの演技を見ているだけで楽しくて、ストーリーはあまり覚えていません(笑)が、2時間以上のドラマがとても短く感じたので、きっと脚本、演出も悪くないのでしょう。

明日が後編ですが、山本耕史も出てくるし、非常に楽しみです。

(追記)それにしても、「ハゲタカ」の出演者が異様に多かったなあ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

自転車の修理

先日、自転車(ブリヂストン アンカーCA700)で、うっかりワイヤー錠を後輪にかけたまま走り出して、ギヤに絡ませてしまい、一番軽い段の調子が悪くなった(それ以外は問題がない)ので、市内中心部の某自転車店に行ってきました。

店主からは、チェーンの油が切れていることと、ギヤの内側のプラスチックの板が壊れてギヤと干渉していることが原因では?と指摘され、「自分で直してみて、それでも調子が悪いのなら持ってきてね。」と言われました。

それくらいなら自分で直せそうなので、言うとおりにしました。(実際、帰ってから作業したら、ちょっと手間はかかりましたが、大体直った。)なんでもやってもらおうとする人も多い時勢なので、そういう人には受けは悪いかもしれませんが、こういう、簡単に修理に応じようようとせず、お客さんの自主性に委ねるスタンスって、私は好きです。

帰りにシルバーセンターに寄って、ちょっとイベント見学をしました。大盛況でした。仙台(SENDAI)介護(KAIGO)予防(YOBOU)のそれぞれ頭文字を取って、「SKY大作戦」って、もの凄くセンスのいいコピーだと思います。こういう事を考えられる人って尊敬します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに「ハゲタカ 映画」を見ました。

やっと、映画版ハゲタカを見ることができました。

ストーリーですが、大手自動車メーカー、アカマ自動車をめぐる、劉(玉山鉄二)率いる中国政府の息のかかった謎のファンドと、その手からアカマ自動車を守ろうとする鷲津(大森南朋)率いる鷲津ファンドのTOB合戦という、ある意味わかりやすい構図でスタートします。実は、変にストーリーをわかりづらいものにしないのはドラマ版でも見られるハゲタカの美点ではないかと思います。

ただ、劉たちの正体が明るみに出た段階でも、彼らに支持が集まるのは、ちょっとあり得ないような気がします。鷲津はある意味非常に内向きの日本マーケットに絶望して日本を離れたわけですが、ましてや中国ファンド(正式名は長いので、この名称の方が書きやすいかも)に事実上日本企業が乗っ取られるとなると、お金の問題ではなく、国内の反発は大変なものになるような気がします。この展開はちょっとどうかな?と思いました。

また、今回は、自動車会社の派遣問題にもスポットを当てていましたが、結局、劉がアカマとの交渉を有利に働かせるための材料として使われただけだったので、中途半端で終わってしまったのも少し残念です。劉に使われる派遣工、守山を演じていた高良健吾が熱演していただけに勿体ないのですが、もしかすると、なくてもストーリーに影響はないのではないかと思いました。大事な問題ではあるのですが、なんとなく、「一応、時勢ネタを取り入れました。」みたいに見えてしまうのが引っかかるところでした。

とはいえ、劣勢に立たされる鷲津ファンドが、アカマのアドバイザーであるスタンリーに揺さぶりをかけるところから中国ファンドの資金をそちらに投入させ、スタンリーを破綻させることで中国ファンドをアカマから一気に撤退させる展開は凄みがあったと思います。また、劉が実はアカマのことを本気で再建しようとしていたというのも、いいスパイスになっていたと思います。(本当は、派遣の話を削って劉のアカマへの思い入れが伺えるシーンがもっと入っていても良かったような気もしますが。)

というわけで、正直心配していたのですが、思った以上に良くまとまっていて、見応えのあるストーリーに仕上がったと思います。昨年来の激変の中で、これだけのストーリーを完成させた努力には感謝したいです。

次に、俳優さんです。ハゲタカといえば鷲津なのですが、正直最初の方では、「ちょっと年寄り臭くなったなあ」と思いました。TOBでも劉に押されていましたし、ちょっと冴えない印象だったのですが、反撃に出るあたりからどんどんシャープになっていって、ドラマ版の凄みが戻っていくのが心地よかったです。普段のちょっとむさ苦しい印象から全く想像できない鷲津役を演じきる大森南朋は、本当に素晴らしいと思いました。

劉を演じた玉山鉄二も良かったです。細身の風貌で、最初の方はとても鷲津もかなわないんじゃないかという印象でした。ハゲタカはドラマのメンバーの印象が強いので、上手くなじむかな?と心配だったのですが、上手に話しにとけ込んでいました。

柴田恭兵演じる芝野ですが、映画でも、結局ある意味傍観者でした。ただ、今回は、ドラマとは違い、部下を統率するリーダーとしての姿が結構前面に出ていて良かったです。とてもリーダーシップを感じる姿でした。ただ、なんとなく、「芝野さんってこういうひとだったっけ?」と違和感を感じることが多かったです。なんとなく、政治家が「日本頑張れ」と言っているのと似た印象を受けてしまって・・・。彼のいう、日本人の真面目さ、誠実さを、じゃあどういう風にアカマの再生に生かすのか、という処方が見えてこないのが気になりました。

その他、治(松田龍平)、由香(栗山千明)、飯島(中尾彬)など、ドラマ中の主要メンバーがそれぞれ活躍していたのが嬉しかったです。特に、鷲津の反撃に治が協力するところなど、ちょっと胸が熱くなりました。あと、飯島はMGS銀行の頭取ですが、映画の中で、ちらっとこの世界では存在しなさそうな「三菱東京UFJ銀行」の看板が写ったので、個人的にはちょっと受けました(笑)

総じて、ドラマの雰囲気を壊さずに、新しいテーマに意欲的に取り込んだ力作に仕上がったと思います。もう1回見に行こうかな。ただ、いきなり映画を見るのはちょっと厳しいかも。これから見る人には、ドラマのDVDをみて予習してから映画を見ることをお薦めしたいです。その方が楽しめると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

祖母の三回忌

今週末は実家に帰って、祖母の三回忌に出席してきました。妻が体調が良くないので、単独の帰省です。

予想していたのは、親戚が結構集まって、お坊さんがお経を読んで、焼香して、その後昼食を結構長い時間食べてというものだったのですが、今回の場合、出席者が両親と弟夫婦、1歳の姪だけで、読経+焼香で30分位というシンプルなものでした。法事は結構大がかりになりがちなので、こういうシンプルなのは助かります。

本当は日曜日に戻ってくる予定でしたが、おかげで一日早く帰ってくることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »