« 「刑事一代」前編 | トップページ | 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー »

2009年6月26日 (金)

「妻よ!松本サリン事件犯人と呼ばれて」について

一般的にはサリン事件というと「地下鉄サリン事件」の方が有名ですが、個人的には、このドラマで取り上げた「松本サリン事件」の方が印象に残っています。

この事件の当時、私は就職活動中でしたが、マスコミの報道の洪水が一方的に犯人像を作り上げていくことが、とても恐ろしく感じました。罪もない人を社会的に抹殺しかねないという点では、ある意味、この時のマスコミもオウム真理教と変わらないんじゃないかな、と思った記憶がありますし、本質的に、そういった過ちを犯すおそれは相変わらず消えていないような気がします。

このドラマを見て、そういった点は改めて感じました。とりあえず、マスコミ報道を鵜呑みにしない賢さが求められているような気がします(といっても、なかなか冷静さを保つのは難しいことですが。)

あと、警察があの手この手で主人公、河野さんを犯人にしようとする手口にも嫌悪感を覚えます。丁度、先週の「刑事一代」と同じような手法ですよね。あれはあれで感動しましたが、やはり、詐欺まがいの捜査っていかがなものなのでしょうかね。「刑事一代」のスタッフがこのドラマを見ていたらこのあたりについて聞いてみたい気もします。

それにしても、手法が変わらないのに、刑事を主人公にすると、多少の違法性はかまわないという気になるし、こういう、冤罪をテーマにすると、違法性のある捜査は良くないと思うし、印象が全く変わってしまうのには気をつけないといけないと思います。

さて、ドラマ自体ですが、ドラマ部分と当時の映像、現在の家族のインタビューがバランス良く入っていて、なかなか上手だったと思います。

それにしても、絵に描いたような幸せな家庭を襲った悲劇、警察やマスコミにも負けずに支え合う家族の姿が素晴らしかったです。特に、母親の欠けた家族を一生懸命まとめる長男の姿が印象に残りました。当時15歳なのに、よく頑張ったなあと思います。演じた浅利陽介も良かったです。河野さん役の石黒賢もあまり濃くなりすぎない演技で、良かったと思います。

この事件を取り上げると、どうしてもマスコミの過剰報道に触れざるを得ないので、マスコミそのもののテレビ局としては難しいところも合ったと思いますが、フジテレビはわりにこういう番組が上手で、ある程度マスコミの対応も批判的に取り上げていました、結構あざといところも多かったのですが、まあ評価していいのではないかな、と思います。正直言って、良作だったのではないでしょうか。

|

« 「刑事一代」前編 | トップページ | 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/45461914

この記事へのトラックバック一覧です: 「妻よ!松本サリン事件犯人と呼ばれて」について:

» Wikipedia 松本サリン事件 [今日の話題作り!ニュースダイジェスト速報]
松本サリン事件商品価格:1,365円レビュー平均:0.0 ◇関連するブログ分かりきらない、他者の気持ち。。わかりきれないってことをしっかり知っていること、 それが大事。昨日、松本サリン事件で被害に会われた河野さんのご家族についてのドラマをやっていた。河野さんのお連れ合いは最もひどくサリンの被害にあり、入院生活になる。家には高校生の長女と[記事全文] 6月27日の日記た松本サリン事件から15年の27日、現場の長野県松本市北深志の社員寮跡地の公園で、遺族や関係者が花をささげ、犠牲者の... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 00時49分

« 「刑事一代」前編 | トップページ | 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー »