« 派遣のオスカル 第1話 | トップページ | 信州プチ旅行(その1 島田橋~別所温泉) »

2009年8月30日 (日)

再生の町 第1話

昨日は泊まりで旅行に行っていて、このドラマは旅先で見ました。

いかにもNHKの土曜ドラマらしい直球勝負のドラマという感想です。

もっとも、キャスティングはかなり突っ込みどころが多くて、その面では楽しめました。このあたりはまた今度書きたいと思います。

さて、ドラマ自体ですが、こちらも突っ込みどころが多いです。主人公の高岡(筒井道隆)はデパートを退職して、目標でなみはや市に中途採用されます。公務員の仕事をそつなく過ごすということを考えていた高岡ですが、いきなり破綻に瀕した市の財政再建プロジェクトメンバーに抜擢されます。これはさすがにどんな会社でもありえんでしょう(苦笑)。あと、このプロジェクトに外部の経営コンサルタントが入ります。これもあり得ないような気がします。

ただ、荒唐無稽と切って捨てられないのは、民間感覚を入れるという点では、やり方さえもう少し考えれば、悪いアイデアではないかな?と思ってしまうところです。

物語ですが、プロジェクトのメンバーはそれぞれ予算削減に向けて課題を与えられます。高岡には市営住宅の建て替えをどうするかという課題が与えられます。そこに住む祖母と孫との対話を経て、高岡は市営住宅の土地の一部を民間に売却するというアイデアをまとめます。

その他のメンバーのアイデアですが、橋本(久保山知洋)は道路建設の凍結、田村(南果歩)はごみ有料化、桂木(段田安則)は職員の給与削減といったアイデアを出してきます。その中で、高岡の案は、プロジェクトのリーダー、間宮(岸部一徳)に一喝されます。

見ていて思ったのは、正直な所、市民を相手にしている業務であるという観点が、(ドラマ中では一応触れられてはいるのですが)今ひとつ弱いのかな、と思いました。この中で確実に実行できそうなのは、桂木の案だけだと思います。

ちょっと面白いと思ったのは、実は、金曜日の「派遣のオスカル」も同じように経費削減を扱っていて、あちらのコストカッター、五十嵐(徳井義実)の出した削減案と桂木の案が性格がよく似ていることです。どちらも基本的に内部的改革が主なので、比較的やりやすいのではないかと思います。この2つのドラマはセットで見ると面白さが倍増するような気がします。

それ以外のメンバーの案は中々難しそうです。高岡が市営住宅を見に行った時にも少し触れられていましたが、基本的に、市役所の仕事は市民との対話の積み重ねで構成されているものが多そうなので、その対話を壊すような改革は簡単にはいかないだろうな、という感想を持ちました。

なお、高岡の案ですが、間宮とは別の理由で難しいと思います。公営住宅は非常に倍率は高いので、建て替えに当たって戸数を減らすという選択はあり得ないような気がします。このあたり、もう少し取材が必要だったのかもしれません。(ただ、民間ではコストカットを粛々とやるだけなのに、公務員の考えは理解できないと考えていた高岡が、業務を遂行するに当たって市民のことを考えなければならないことに気づいていくあたり、民間と行政のスタンスの違いを上手に取り入れていると思います。)

とはいえ、私はこのドラマは画期的だと思っています。前にも少し書いたのですが、現在は「官僚たちの夏」に描かれたような、他国に追いつけ追い越せで頑張ってきた時代とは違うのです。(このあたり、TBSの方針ってどうなのかな?と改めて疑問に思います。)

少子高齢化、中国や韓国の追い上げといった、これまでとは異なる情勢の中で、過去の成功が将来の成功を約束するわけではありません。

「再生の町」というドラマは、そういう時代に必要と考えられるダウンサイジングに初めて正面から取り組んだのはないでしょうか。

これまで新規事業を立ち上げることで評価されてきた仕組みを変えるのは容易なことではありませんし、事業の縮小というのは、縮小される事業にも受益者がいるわけで、これまた非常に難しいことで、官民問わず、多くの人が苦労されています。

正解を出すのが非常に困難なテーマなので、ドラマの中で納得できる展開にはなり得ないような気もしますが、こういう現代の課題に真っ正面から取り組んだドラマを制作するNHKには敬意を表したいと思います。

|

« 派遣のオスカル 第1話 | トップページ | 信州プチ旅行(その1 島田橋~別所温泉) »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/46072142

この記事へのトラックバック一覧です: 再生の町 第1話:

« 派遣のオスカル 第1話 | トップページ | 信州プチ旅行(その1 島田橋~別所温泉) »