« 信州プチ旅行(その2 荒砥城~松代) | トップページ | 再生の町 第2話 »

2009年8月31日 (月)

ブザー・ビート #08

あらららら、直輝(山下智久)が中途半端に優しいせいで、菜月(相武紗季)の心が戻って来ちゃったんでは?本当に昔の少女漫画的展開ですねえ。

それにしても、今日の菜月は怖かった・・・。直輝と莉子(北川景子)が仲良くキャッチボールをしているのをタクシーの中からじっと見る姿にはぞっとしました。良くも悪くもドラマのスパイスになっているのは間違いないです。

というくらいで、ドラマのラストでは嵐になってましたけど、今回は嵐の前の静けさのような印象です。来週はもっとどろどろしそうですね。こういう、ねちっとした描写は女性脚本家でなければ書けないような気がします。いやー、目が離せません。

ちなみに、さっきの旅行の記事を書いているときに、この記事が目に入りました。

http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/entame-200908281849/1.htm?c=app.2

というわけで、ちょっと注目して見ていたんですが、それほど酷評されるほどではないような気もします。個人的には、それほどテンションが高くないのが自然な感じがして、今時の若者らしさが良く出ていると思います。文中で、貫地谷しほりと比較して書いてますけど、貫地谷は基本的に結構こってりとした演技をする(このドラマでは、ナチュラルな北川とテンション高めの貫地谷が上手にかみ合っていると思います。)ので、大河ドラマならともかく、月9ヒロインに向いているかというと「うーん・・・」という感じがします。嫌われ役で頑張っている相武も含め、3人それぞれの役割分担が上手く機能していると思いますけどねえ。

|

« 信州プチ旅行(その2 荒砥城~松代) | トップページ | 再生の町 第2話 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/46083515

この記事へのトラックバック一覧です: ブザー・ビート #08:

« 信州プチ旅行(その2 荒砥城~松代) | トップページ | 再生の町 第2話 »