« 2009年秋クールドラマについて | トップページ | 「JIN-仁-」第1話について簡単に »

2009年10月 4日 (日)

天地人「上杉転落」のあらすじを見て

今日は床屋に行ったのですが、待ち時間にスポーツ新聞を読んでいて、テレビ欄の「天地人」のあらすじに目が止まりました。結構細かく書いてあるものですね。

そのあらすじですが、関ヶ原以後、上杉家はその「義」の心に感動した福島正則達の取りなしで米沢30万石で生き残るといったもののようです。まあ、NHK(というよりあの脚本家)は愚直に「義」の心を貫くことが人の心を動かし、生き残りに繋がるとでも書きたいのではないかと思いますが、こういう書き方はかえって関ヶ原以後の上杉家の真価を損ねるような気がします。

そもそも、上杉景勝や直江兼続って、別に豊臣家にそんなに恩義はないよなと思います。信長の死後の混乱を機会に上杉家は川中島地方を領有し、その後、秀吉との同盟関係を生かして越後を再統一し、佐渡、庄内と領土化するわけですが、このあたりには、景勝・兼続の手腕、実力が示されています。ただ、代償として、独立大名だった上杉家は豊臣家の支配下に入るわけで、別に義理を感じる話ではないわけです。まあ、このあたりは実は家康とか伊達政宗の場合も似ています。

秀吉の死はそんな大名達に転機をもたらします。ある程度実力のある大名にとっては、勢力を拡大する機会が訪れたわけです。この点は家康も景勝も変わりません。

ただ、家康にとっては危機でもあります。彼の勢力は大名としては強大すぎるので、豊臣政権としては、彼が天下を狙っていようといまいと邪魔なわけです。そう見ると、家康としては機会を狙って天下取りを目指さざるを得ない事情があります。まあ、関ヶ原に至るまでの見事な豊臣政権の切り崩しぶりを見ると、本人も意思があったとは思いますけど。

で、景勝ですが、家康から見るとやはり勢力が強大です(まあ、景勝とか毛利とか、大大名が多すぎるのをみても豊臣政権が徳川幕府と比較して弱体なのがわかります。)。なにしろ謙信以来の武将が健在だったりするし、勢力拡大の手腕も見事です。隣国にこういう武将がいるのは気持ち悪いことこの上ないと思います。というわけで、上杉征伐は家康にとっては景勝の勢力を削ぐ良い機会です。

一方、景勝にとってもある種チャンスです。豊臣政権を助けて家康を排除すれば、豊臣家に恩を売れるし、越後や出羽に勢力も拡大できるし、一石二鳥です。ここで、上杉家のフレーズ「義」が生きてきます。豊臣家への「義」を唱えれば家康を悪役にできるし、自己の正当性をアピールできるというメリットがあります。直江状の真偽は別として、このあたり、景勝・兼続も中々のものです。

関ヶ原の合戦後、このような上杉家の戦略は夢と終わるわけですが、景勝・兼続の真価は、ある意味、このピンチの中発揮されたと思ってます。まず、川中島以来の歴戦の名将、本庄繁長が福島城で伊達政宗の進撃を食い止めます。一方で、徳川家との交渉も怠りません。家中はこの逆境下でもしっかりまとまっています。景勝の統率力が生かされたのだろうと思います。

家康としては、このような状況を見て、上杉を残した場合、上杉に恩を売ることができ、それこそ「義」により忠実な味方に転換できること、関ヶ原以後の脅威となる伊達政宗への防波堤として実力を発揮できることなどを考えて、上杉家を減封にとどめたのではないかと思います。

もともと徳川と上杉の間にはそれほど敵対関係があったわけではないので、こういう措置も可能だったのでしょうけど、関ヶ原以降の四面楚歌の中で、上杉家を生き残らせることができたのは、おそらく上杉家が状況をしっかり分析し、徳川方に上杉を残した場合のメリットをしっかり主張したからではないかと思うわけです。その中心人物こそが直江兼続だったと思われます。

まあ、想像の部分も結構多いのですが、こういう見方をする人もいます。(岳 宏一郎という人の「群雲 関ヶ原へ」という本が大体こんな見方です。あと、藤沢周平も「密謀」の中では上杉家が豊臣家に義理立てして、といった書き方はしていません。)また、関ヶ原以降の上杉家の意外な厚遇ぶりや、直江兼続が引き続き実力を発揮し続けたこと、大坂冬の陣での景勝の活躍などをみると、まんざらあり得ない話ではないと思います。

単に豊臣家への「義」にこだわって、チャンスを逃して減封になったというよりは、関ヶ原という激変期に、流動的な状況の中で常に状況に即した方策を立て続け、最後には家の存続を守ったというのが、個人的な直江兼続(景勝もですが)への評価なので、今回の大河ドラマの描写はやはり彼の真価を伝えていないような気がして残念です。思えば、こういう、大名家の目的と戦略をしっかり描いていたのは、最近ではやはり「風林火山」でした。これは(あまり評判の良くない)後半でも変わらない美点だったように思います。多分、大森寿美男が「天地人」の脚本を手がけていれば、兼続も景勝も、家康も、石田三成も、もっとその実力が視聴者に伝わるような高いレベルの人物像に描かれたんだろうな、と思います。

|

« 2009年秋クールドラマについて | トップページ | 「JIN-仁-」第1話について簡単に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/46393477

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「上杉転落」のあらすじを見て:

» 天地人 菊姫 [アカシックレコード]
へぇ~~~~、こんな事になってたんですか。。。。しらなかったです~( ..)φメモメモさらに( ..)φメモメモ天地人「上杉転落」のあらすじを見て 今日は床屋に行ったのですが、待ち時間にスポーツ新聞を読んでいて、テレビ欄の「天地人」のあらすじに目が止まりました。結構細かく書いてあるものですね。そのあらすじですが、関ヶ原以後、上杉家はその「義」の心に感動した福島正則達(続きを読む) 人気放送中大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼続のマスコットキャラクター!!愛の兜もついに..... 新潟の地酒 ... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 06時19分

« 2009年秋クールドラマについて | トップページ | 「JIN-仁-」第1話について簡単に »