« 「MINI青葉」ができたらしい | トップページ | 「JIN-仁-」 第2話 »

2009年10月18日 (日)

「手持ち夜景」と「連写重ね撮り」

昨日、久々にドラマ「白夜行」が見たくなって、第1話をDVDで借りてきて見てました。演技、脚本、演出など異様に充実していて素晴らしいのですが、ちょっと凝りすぎている感もあります。(個人的には、こういう凝り方は大好きですけど。)ほぼ同じスタッフの「JIN-仁-」は比較的取っつきやすいので、スタッフも勉強したのでしょう。

さて、「白夜行」の主題歌を歌っているのは柴咲コウです。また、この歌が「白夜行」にマッチしているんですよね。それはともかく、彼女はいつの間にか(?)エビちゃんに代わって富士フイルムのデジカメのイメージキャラクターになっていました。ちょっと驚きました。今日書きたいのは、その富士フイルムとソニーのデジカメに搭載されている機能についてです。

タイトルに書いたのは、それぞれソニー(WX1)とフジ(F70)のデジカメに搭載されている、夜景を綺麗に写すモードのことで、名前は違いますがやっていることは大体似ています。

方法としては、ソニーは6枚、フジは4枚連続で写真を撮って、カメラ内で1枚の写真に合成するというものです。夜景のような高感度が必要となるシチュエーションの場合、どうしても画像にノイズが出るので、画像を合成することでノイズを減らす(ノイズはランダムに出るため)という手法で、もともと天体写真を撮る際に多用されるものです。この手法を夜景撮影モードに応用することを考えついて、カメラの撮影モードに入れてしまったソニーとフジの技術者はなかなか凄いと思います。

確か、カシオあたりにも同じような手法を取り入れたデジカメはあったような気もしますし、原理はそれほど難しいものではないので、他社も取り入れてくるような気がします。

というわけで、ネット上の作例を見ると実際に使えそうな気もする(ソニーのWX1は普通の高感度撮影でもノイズは少ないですね。びっくりしました。)し、ホテルから夜景を撮るのに非常に有効な感じがして、興味があったので、どんな感じで撮影するのか、店頭で試してみました。といっても、昼間の店頭なので、夜だとシャッタースピードの関係でまた状況が変わるかもしれませんが。

感想なのですが、一瞬のうちに4枚又は6枚撮影するのではなく、どちらも「連写」するので、撮影が終わるまでカメラを動かさないで待っていなければなりません。ちなみに、一枚一枚の撮影スピードはどちらも同じようなものなので、待っている時間自体はF70の方が短かったです。これはちょっと意外でした。まあ、撮影枚数が少ないからでしょうけど。カメラを動かさないようにじっと構えているのは意外に大変なので、失敗を減らすという意味からはメリットが大きいと思います。

ただ、どちらのカメラが良いかというと、話は簡単ではありません。前述したように、ソニーのWX1はこのモードを使わない、普通の高感度撮影でも画像が綺麗です。レンズが明るい(広角側ではF70がF3.3に対し、WX1はF2.4です。)し、元のセンサーが高感度に強そうです。ただ、記録メディアがメモリースティックというのがマイナス要因です。

一方、F70の場合、スーパーCCDハニカムEXRの表現力は捨てがたいですし、記録メディアがSDカードなのが有り難いです。ただ、うちのパソコンはバイオなので、メモリースティックの方が実は画像をパソコンに転送しやすかったりするのが事態を複雑にします(笑)。

というわけで、結構悩ましいのですが、総合的には、年末までであれば、レンズの明るさと元のセンサーの実力を買って、WX1の方が良さそうな気がしてます。F70は10倍ズームということで、光学系で無理はどうしても出るような気がするし。ただ、CCDがより大きくて、5倍ズームと光学系に無理の少ないF200に「連写重ね撮り」モードが付いた後継機種がでたらそっちを選ぶかも。

|

« 「MINI青葉」ができたらしい | トップページ | 「JIN-仁-」 第2話 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/46513751

この記事へのトラックバック一覧です: 「手持ち夜景」と「連写重ね撮り」:

« 「MINI青葉」ができたらしい | トップページ | 「JIN-仁-」 第2話 »