« まさに夜景のためのデジカメ? | トップページ | JIN 第7話(いろいろな意味で渾身の力作!) »

2009年11月23日 (月)

「龍馬伝」と「坂の上の雲」の予告

「天地人」の最終回放送後に遂に流れましたねえ。「坂の上の雲」はともかく、「龍馬伝」は初めてではないでしょうか。

それにしても、両方ともとても力が入っているという印象です。「龍馬伝」は予想通り映像がとても凝っているし、「坂の上の雲」は屋外ロケも多そうで、お金がかかっていそうです。NHKの勢いを感じるような気もします。

先に放送されるのは「坂の上の雲」です。もちろん相当な注目作なわけですが、気になるのは、司馬遼太郎の作品って、どうしても男性主人公が多く、女性の視点がちょっと少ないんですよね。そのあたりが作品の人気度の割に大河ドラマで受けない原因のような気がしています。(「功名が辻」なんかは、そういう意味では主人公が女性ということで、バランスが割に良かったような気もしますが。)

「坂の上の雲」はその中でも特に女性登場人物が少ないです。私なんかは全然かまわないのですが、原作に近いように、日清、日露戦争の経過をダイナミックに描いていくと、女性層の支持というわけではどうかな?と思います。まあ、無理矢理女性陣の場面を作るようなことなく、原作のテイストを壊さないで進んでほしいなというのが希望です。

あと、「龍馬伝」ですが、今の段階では、予告ムービーが見えないんですけど(笑)。それだけ注目度も高いと言うことなのでしょうか。ここ2年の大河ドラマの反動か(?)男性キャストが目立ちますね。まあ、まだ撮影が進んでいないのでしょうけど、福山雅治以外は一人ワンシーンみたいな感じだったので、評価は差し控えさせていただきますが、特に大森南朋には期待しております。映像もさすがに「ハゲタカ」の影響か、スピード感があって良い感じです。(ただ、鷲津さんを期待するのは間違っているような気もするので、「ハゲタカ」とは別のドラマだと割り切っていた方がいいかも。)

あと、実は「龍馬伝」も女性の視点を取り入れられるかは興味があるのですが、「坂の上の雲」よりは楽でしょう。坂本龍馬って、乙女姉さんを筆頭に女性の親戚が多いし。さすがに最初の方だとお龍(真木よう子)は出てこないので、加尾(広末涼子)と千葉佐那(貫地谷しほり)がどう描かれるかが焦点のような気がします。予告だとどっちもワンシーンの登場だった(個人的には、もうちょっと出してほしかった(笑))ので、このあたりは、これからの楽しみに取っておきます。

この予告編を楽しみに、「天地人」の最終回を珍しくはじめから見ていたのですが、相変わらず、これまで元気そうだった人が次の場面では病気になり、延々と周りの人が悲しむという展開だったので、途中は別番組(「欧州鉄道の旅」→「JIN」というルート)を見てました。最後まで、主要登場人物の描写に積み重ねがなく、唐突な展開が続くのは変わりませんでしたね。「坂の上の雲」と「龍馬伝」では、人物の行動に一本筋の入った、骨太な展開を期待したいものです。(でもそうすると「視聴率」は厳しいか(苦笑)。)

|

« まさに夜景のためのデジカメ? | トップページ | JIN 第7話(いろいろな意味で渾身の力作!) »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/46834881

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」と「坂の上の雲」の予告:

» 龍馬伝 ロケ地 [アイスクリン強し]
家紋が中央に配置して、左右には龍馬の格好いい文字と顔がデザインされ肩にかけた時に格好いいタ..... 龍馬の文字が中央に格好良く配置して、左右には家紋と顔がデザインされ肩にかけた時に格好いいタ..... 「龍馬伝」と「坂の上の雲」 最終回放送後に遂に流れましたねえ....... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 17時51分

» 福山雅治 ブログ [実践!ニュースを読む]
・寸止めボクシング普及へ、有効パンチ判定機を開発 ・鳩山さん好み「友愛」、酒の名前で出ています ・柔道全日本体重別、白帯の中3女子が表彰台に 福山雅治photo & episode商品価格:1,365円レビュー平均:4.36 福山雅治福山雅治さんは、どんなバイクを持っているのか教えて下さい。[⇒回答を読む] 福山雅治の魂のラジオで2006年4月29日(先週の土曜日)に放送した福山雅治の「魂のラジオ」で一番最後のリク... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 18時00分

« まさに夜景のためのデジカメ? | トップページ | JIN 第7話(いろいろな意味で渾身の力作!) »