« 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」の主演決定について | トップページ | 龍馬伝 第5回 »

2010年1月31日 (日)

「アクアマリンふくしま」に行ってきました。

冬になって、車で遠出をしていなかったのですが、無性に出かけたくなって、「アクアマリンふくしま」に行ってきました。

行きは、できるだけ海沿いのルートを通ろうと思い、浜通りを走っていきましたが、R6より海側の県道を使っていくと、山元町→小高あたりまでは結構海沿いを走ることができるし、交通量も少ないので、結構快適でした。あと、いわき市内も基本的に海沿いを走れるので、なかなか気持ちいいドライブです。

でも、一番退屈な、その間の区間を高速道路でワープすることができないのがやはりきついところです。R6もそれほど流れは悪くなかったのですが・・・。結局、朝8時に出て、着いたのはお昼近くでした。

さて、「アクアマリンふくしま」ですが、ガラス造りの立派な建物で、驚きました。

Dsc00496

Dsc00493

水族館の周りも公園として整備されていて、とても綺麗な港の風景になっています。遊覧船も運航されていて、観光地としてかなり魅力的だなと思いました。

ただ、近くにある、市で整備した観光施設で昼食を摂ったのですが、ミニ刺身丼+そばで1,700円以上取られるのは完全な観光地価格だな、と思いました。ちょっと高いよなあ。

さて、肝心の「アクアマリンふくしま」ですが、個人的には、福島県にいる魚たちのコーナーが気に入りました。ハヤとかフナとか鯉とか、身近な魚が好きなので。あと、海水魚のコーナーでは、アイナメのオスが卵を守っているのも見られます。

Dsc00474

一所懸命な姿がなかなかかわいかったです。

一方で、勘違いしていたのですが、ここの水族館ではサンマの群泳が大水槽で見られると思っていたのですが、実際は別の水槽での展示でした。あと「潮目の海」ということで、暖流系と寒流系の2種類の魚が同じ水槽で泳ぐと記憶していて、「どういう技術でそんなことができるんだろう?」と思っていたのですが、単に、ガラス張りの2つの水槽を隣り合わせて、その下を見学者が通れるようにするというものでした。まあ、期待しすぎだったかな(笑)。

あと、特に暖流系の大水槽はちょっと魚の種類が少なくて淋しかったかも、昔、足摺の水族館で見たときは、マグロ系のスピーディな魚とか、イシダイ、メジナのような鯛型の魚、色鮮やかな熱帯魚、クエのような磯魚が入り交じっていて、とても華やかな印象だったのですが、こちらは、エイの他は、基本的にマグロ系の銀色の魚ばかりだったので、ちょっと見ていて物足りない印象を受けました。

総じて、シーラカンスの展示とか、いろいろ工夫もされているし、展示も館内も綺麗で満足はしていますが、入館料1,600円はちょっと高いかも。あと、関東方面にはライバルの水族館も多い中で、わざわざ「いわきまで行こう」という気になるほど魅力的か、というと、ちょっと微妙かも、というのが正直な感想です。でも、宮城県内の港にはない、「観光地として楽しめる港」という雰囲気はとても気に入りました。また行ってみたいという気にはさせる場所です。ただ、「食事は近くのガストとかでもいいよね」というのが妻との感想です(苦笑)。

|

« 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」の主演決定について | トップページ | 龍馬伝 第5回 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

有名な市場食堂はコストパフォーマンスがよかったけどねえ。おいしかったな。入館料はまあ松島水族館とか考えればそんなもんかなとも思うけど。東京は人間が沢山いるからコストは下げられるからまあ勝負はできないでしょう。

投稿: ぶうたろう | 2010年1月31日 (日) 22時47分

コメントありがとう。(気づくのが遅れました。)「市場食堂」なんてあるのね。今度はそっちに行ってみようと思います。入館料については、こっちは公設だからもう少し下げられないかとも思わないでもありませんが、最近できた施設だからコストもかかっているだろうし、まあ仕方ないかな、とは思っています。

投稿: かのーぷす | 2010年2月 7日 (日) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/47437285

この記事へのトラックバック一覧です: 「アクアマリンふくしま」に行ってきました。:

« 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」の主演決定について | トップページ | 龍馬伝 第5回 »