« ストリングスホテル東京インターコンチネンタル | トップページ | バッテリー交換 »

2010年1月 3日 (日)

「龍馬伝」第1回

いやー、ついに始まりましたねえ。日曜日の夜に感想を書き続けるのは大変そうなので、多分毎週は書かないと思いますが、初回だし、ちょっと書いておきます。

まず、ドラマ中での土佐藩の上士の描写は非常に悪逆でしたが、現在の高知県はあんな所ではありません、と母親が高知出身の私は一言書いておきます。あれはやはり尾張とか美濃から来た山内家の問題ではないでしょうか?(ちょっと問題発言か)

ドラマ自体ですが、迫力ある映像と音楽というのは、「白洲次郎」→「坂の上の雲」「外事警察」と同じ香りを感じます。とても見応えがあります。総じて、脚本、演出ともに、唐突にお涙頂戴になるし、綺麗事だけで終始する「天地人」よりはよほど良かったと思います。

ちょっと心配していた脚本も意外にオーソドックスだったように思います。まあ、ラスト近くで弥太郎(香川照之)を助けようとした龍馬(福山雅治)が「人間は平等」みたいなことを言っていたのは、いかにも綺麗事という印象でちょっと気になりますけど。そういう思想を持つのはもっと後じゃないかなあ?ただ、上士と下士の対立とか、それなりにしっかり描いていたと思います。

俳優陣ですが、福山雅治は意外に合っているような気がします。何しろ雰囲気が殺伐としている場面も多いので、ああいう、女系家族で育って、ちょっとお坊ちゃんが入っている人物がいると、ドラマの雰囲気が中和されるように思います。実際、青年期はあんな感じだったような気もするし。香川、武市、以蔵、乙女姉さんといった個性豊かな人物を演じる俳優さんたちもそれぞれ雰囲気がありました。それにしても、広末涼子は30歳近くになっても、ああいうぶりぶりの娘を演じることができるのは、ある意味凄いかも(笑)。

というわけで、それほど不満はありません。まずまずの出来だったと思います。ただ、総じて内容が、最近の大河ドラマに多い、綺麗事で展開する訳ではなかったので、一般受けはしないかも。それはそうと、始まるまでもの凄い宣伝をしていた「龍馬伝」ですが、初回視聴率はどのくらいになるのかなあ。個人的には、福山雅治の人気もあるし、宣伝効果もあるし、あの「JIN」が、実は丁度いい前宣伝の役割を果たしたように思われるということもあって、場合によっては30%を超えるかも、とか思っています。

|

« ストリングスホテル東京インターコンチネンタル | トップページ | バッテリー交換 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/47196304

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」第1回:

» 龍馬伝 第1回「上士と下士」 [あしたまにあーな]
とうとう2010年の大河ドラマが始まりました。前々から番組宣伝をしていたり撮影状況を伝えていたのでかなりNHKとしても力を入れている作品であることが分かります。坂本龍馬といえば歴史上でも超有名な人物でありどのような功績を残した人なのかは誰もが知っていることなので、ある意味前回の天地人よりも難しいのではないかと思います。数年前の大河ドラマである篤姫にも登場したくらいですし。 様々な期待を持ちながら早速龍馬伝を見ることにします。まずイントロダクションで話の全体像やイメージを伝える場面を持ってくるのは大河... [続きを読む]

受信: 2010年1月 3日 (日) 22時50分

» 上士 下士 土佐 [ブログニュー速!]
正月テレビ番組:見納め「新春かくし芸」 NHK大河「龍馬伝」スタート 「相棒」正月SPも 20091231 NHKでは10年の大河ドラマ「龍馬伝」第1回「上士と下士」を午後8時から放送する。幼い龍馬(濱田龍臣くん)は上士を怒らせる事件を起こすが、その後成長した龍馬(福山雅治さん)も上士から理不尽な目に遭う……という場面を岩崎弥太郎(香川照之さん)が回想していく ... (続きを読む) 郷士と上士は、どうちがうんですか? 郷... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 09時46分

« ストリングスホテル東京インターコンチネンタル | トップページ | バッテリー交換 »