« バンクーバー冬季五輪(女子モーグル決勝終了後) | トップページ | 風邪を引いてしまいました。 »

2010年2月14日 (日)

龍馬伝 第7回

今日からは1日1回視聴の通常ペースに戻します。ある意味わかりやすい(笑)。

まずは、河田小龍(リリー・フランキー)の所に行った龍馬(福山雅治)、弥太郎(香川照之)、武市(大森南朋)の、三者三様の反応が興味深いところでした。武市は外国を打ち払うことしか考えていないし、弥太郎は「この国をどうするか」という志がない、どちらも両極端で、「失格!」になるのはわかるような気も・・・。この対比が面白かったです。二人合わせると丁度良さそうな気もしますが、上手く行かないものです。

というわけで、小龍は、「黒船を造ってみたい」と言う、ある種中庸の龍馬が気に入るわけで、このあたりもお約束という感じもしますが、八平(児玉清)とのやりとりとか、見ていて気持ちよかったです。確かに坂本家は一家円満でほのぼのしていて、小龍が気に入るのもわかるような気もします。そういえば、乙女姉さんはお嫁に行かないのでしょうか?

あとはラストかな?死期の近づいた八平の「黒船を造ってどうするのか?」という問いに答えるためか、龍馬は坂本家一家で海に行きます。そして、砂浜に地図を描いて、「家族を乗せて、世界中を回ってみたい。」という夢を語ります。こう書いてしまうと大したことはないような気もしますが、実際に雄大な海岸で語るせいか、とてもスケールが大きく見えました。また、坂本家の温かさ、龍馬の家族を思う心が、こちらに伝わってくるいい場面だったと思います。と同時に、その龍馬の夢は、ご存じの通り、ついには果たされなかったわけで、ちょっと寂しい感じもします。

というわけで、今週も意外に良かったです。あと、加尾(広末涼子)は意外に出番が少なかったなあ。まあ、出てくる必然性がないから、妥当だとは思います。

|

« バンクーバー冬季五輪(女子モーグル決勝終了後) | トップページ | 風邪を引いてしまいました。 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/47567755

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第7回:

« バンクーバー冬季五輪(女子モーグル決勝終了後) | トップページ | 風邪を引いてしまいました。 »