« 「その時までサヨナラ」ほかいろいろ | トップページ | 津波警報 »

2010年2月27日 (土)

バンクーバー冬季五輪(女子フィギュア)

注目の女子フィギュアですが、平日に放送されると、仕事の関係でリアルタイムで見られないのが勤め人の辛いところです。

それでも、なんとかSPだけは見ました。印象ですが、日本の3人はそれぞれ頑張ったように思います。浅田真央もとてもいい演技でした。個人的には、仙台に縁のある鈴木明子がとても伸び伸び、笑顔で演技していたのが嬉しかったです。

さて、金メダルは韓国のキム・ヨナ選手でしたが、いろいろな声がありますが、浅田真央と比べると、演技のスムーズさに差があったかな、という印象です。キム・ヨナは十分に潤滑油が回っている感じ、浅田はちょっと潤滑油が足りない感じ、といった印象を受けました。このあたりで差が出たのでしょうか。

それにしても、今回の五輪で、日本が銀メダルを取った種目の金メダルは韓国が取っているのは興味深いところです。韓国選手団も結構絞り込んでいて、メダル至上主義の是非はこの際置いておいて、どちらが効率がいいかというと、韓国に軍配を上げざるを得ないような気がします。

スポーツだけでなく、家電や航空行政など、韓国がなぜこれほど成果を上げているのか、好悪は別として、日本も学ぶところは学ぶべき時期に来ているのではないかと思いました。

というわけで、本屋で韓国関係の本(お金がないので、新書です(笑)。)を探していたのですが、意外にないものですね。

|

« 「その時までサヨナラ」ほかいろいろ | トップページ | 津波警報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/47677477

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバー冬季五輪(女子フィギュア):

« 「その時までサヨナラ」ほかいろいろ | トップページ | 津波警報 »