« 「グッジョブ」の再放送 | トップページ | やっと見ました「ゴールデンスランバー」 »

2010年3月 7日 (日)

龍馬伝 第10回

今日は「引き裂かれた愛」ということで、舞台は土佐に戻って、愛を誓った龍馬(福山雅治)と加尾(広末涼子)が引き裂かれる回です。最初に江戸もちょっと出てきますが。

まあ、それだけなんですが、ちょっと不満だったのは武市(大森南朋)の描写。全般に底が浅いような気がします。東洋に退けられた上士を利用するのはいいとして、その上士から、京に加尾を送る話がうまく行っていないと叱責されると動揺するのが、とても小者っぽくて残念です。一時は攘夷を先導した大人物のはずなのに、そのように見えません、今回の件でも、叱責を加尾を送り込むための一芝居に逆に活用する位の「策士ぶり」を見せても良かったのではないかと思います。

そういう意味では、弥太郎(香川照之)も、龍馬に長崎行きを当てつける描写が小者っぽいです。武市と弥太郎の魅力は龍馬の魅力と全然別の所にあって、この2人をもう少し大人物に描いても龍馬の魅力が損なわれることはないと思うんですけどね。あと、意外に上手いのが平井収二郎役の宮迫博之です。「北条時宗」でも好演していたと思いますが、本職の俳優ではないんですよねえ。

まあ、福山龍馬の迫力がだんだん増してきたのはいい点です。乙女姉さんも言っていたけど、江戸の経験が彼を変えたのでしょうか。昨日の特番で広末の頑張りを見たせいか、全般的には一応及第点かなという印象です。そういえば、AKB48の前田敦子って人が出てましたね。まあ、話題造りも大切なのでしょう。

|

« 「グッジョブ」の再放送 | トップページ | やっと見ました「ゴールデンスランバー」 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/47750361

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第10回:

« 「グッジョブ」の再放送 | トップページ | やっと見ました「ゴールデンスランバー」 »