« 夏タイヤに交換 | トップページ | 仙台空港展望デッキ »

2010年3月28日 (日)

龍馬伝 第13回

今回は東洋が遂に暗殺され、龍馬(福山雅治)は脱藩しました。

ちなみに、ちょっと自分の中では繋がらない所がいろいろありました。龍馬の脱藩への地図を見つけ、止めようと考える兄、権平(杉本哲太)に乙女姉さん(寺島しのぶ)が、龍馬は成し遂げるべき道を見つけたんだから、脱藩をさせてあげよう、といった事を言うわけですが、この段階の龍馬の成し遂げるべき道って何?と乙女姉さんに聞いたら、答えに窮するのではないかなあ?これが、「何をしたらいいかはわからないけど、やむにやまれず脱藩する」といった衝動的な表現だったら、かえって納得するんですが。実際、龍馬の視野が広まっていくのって、やはり勝に会ってからだと思うし。大体、乙女姉さんはこの時には離縁されていなかったのかなあ?ちょっと実家に帰りすぎでは?かえって、この後、上士も金には勝てないというわけで、龍馬の脱藩に冷静に対応する権平さんは立派だなあと思います。

あと、やはり東洋は龍馬を持ち上げすぎかも。主人公特権で仕方ないのかなあ。龍馬を手下にしても、既存の組織では龍馬の力は発揮できないような気もするのですが。なんとなく、土佐に帰ってからは、「龍馬ってただ者でない」ということを裏付けなしでみんな話しているけど、どうも私には伝わって来ないです。先週の久坂とか、今週の権平さんみたいに、わかりやすい話ならいいのですが。そういう意味で、やはり、「映像は凄いけど、結局何をした人だっけ?」というドラマになった「白洲次郎」に似てきたような気がして、危惧しています。

そうそう、武市の奥さん、富さん(奥貫薫)の真価がついに発揮されたような。優しくて賢い旦那さんだと思っていたのに、その正体を知って驚く(って書くと「外事警察」での役も一緒だなあ)姿が個人的には乙女姉さんより印象に残りました。いい奥さんなのですが、これからの運命を思うと、やはり可哀想です。それにしても、適役過ぎる(苦笑)。

|

« 夏タイヤに交換 | トップページ | 仙台空港展望デッキ »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/47934248

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第13回:

« 夏タイヤに交換 | トップページ | 仙台空港展望デッキ »