« やっと見ました「ゴールデンスランバー」 | トップページ | 龍馬伝関連(土佐勤王党について考えたこと) »

2010年3月14日 (日)

龍馬伝 第11回ほか

龍馬伝ですが、いよいよ土佐勤王党に向けて動き出す回です。先週と打ってかわって、ある意味むさ苦しい回でした。最近多いと思われる、ライトな歴史ドラマファンには受けないような気がしますが、時は幕末、今後はこういう傾向の話も多くなると思うので、今回の話が視聴率的に成功するかどうかは、実は意外に興味深いところです。

それにしても、武市(大森南朋)と弥太郎(香川照之)は完全に龍馬(福山雅治)の引き立て役ですな。まあ、最近、通勤途中に「竜馬がゆく」を読み返しているのですが、こっちでも状況は似ていて、どうしても主人公補正のようなものは出てくるんだな、と思いました。こればっかりは仕方ないかも。

ところで、なんとなくネットを見ていたら、「花のあと」にお屋形様(笑)市川亀治郎が出ているのですね。しかも悪そうな役のようで、ちょっと興味があります。(おまけに佐藤めぐみも出ている。)来週は「スイートリトルライズ」とどちらを見るか、迷いどころです。祖母の墓参りもあるし。

|

« やっと見ました「ゴールデンスランバー」 | トップページ | 龍馬伝関連(土佐勤王党について考えたこと) »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/47811641

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第11回ほか:

« やっと見ました「ゴールデンスランバー」 | トップページ | 龍馬伝関連(土佐勤王党について考えたこと) »