« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

龍馬伝 第17回

今回は龍馬(福山雅治)が大坂へ旅立つまでの話です。

お佐那さん(貫地谷しほり)は今日も凛々しくて、良かったです。龍馬の旅立ちに当たっての立ち会いの場面は、「女たちの龍馬伝」でさわりは見ていたのにちょっとほろっとしてしまいました。ここは貫地谷もいいんだけど、彼女のよさを引き出す福山も立派です。

妹思いの重太郎(渡辺いっけい)、娘を案じながら龍馬のこともちゃんと考えている器の大きい定吉(里見浩太朗)と、本当に千葉家は素晴らしい面々だと思います。このドラマの清涼剤です。でも、ちょっと綺麗にまとめすぎかも。その後の佐那の人生を思うと、ちょっと可哀想になります。

ただ、今日のタイトルが「怪物、容堂」というわけで、かなり盛りだくさんな話でした。とても綺麗な千葉道場の話の余韻を吹き飛ばしてくれた(笑)のが、他ならぬ容堂(近藤正臣)です。ラストの勝との面会の時、後ろにいるのが土佐藩士(つまり龍馬)と絶対分かって言っているよな。もの凄い迫力で、近藤正臣の演技もさることながら、こういう描写は、流石大友演出だな、と思いました。もっとも、容堂を大物に描きすぎじゃない?と思ったりもしますが。

ちなみに、先週はまずまずだった勝(武田鉄矢)だけど、今週は微妙かも。個人的には、勝のイメージって「さらっとしているが毒がある」感じなので、ちょっと粘っこすぎるような気がします。

あと、土佐勤王党の場面は相変わらず重苦しいです。以蔵とか辛そうです。もしかすると千葉道場と対比するために出てきたんでしょうか?容堂の発言にもありましたが、来週以降は、いよいよ彼らの前途にも暗雲が立ちこめるわけですが、余計にドラマが重苦しくなりそう。

それにしても、もうすぐ新選組が登場するわけですが、そういえば、以蔵が感じているような人を斬ることへの辛さみたいなものを、土方とか沖田にはあまり感じなかったなあ、とか思いました。あっちは幕府とか、京の街を守るという大義があったからでしょうかねえ。

そうそう、終了後の「龍馬伝紀行」、ジョン万次郎ゆかりの地についてでした。土佐清水とか、幡多郡が出てくると嬉しいです。でも、万次郎の出生地とか、昔バイクで行ったけどかなり道が狭くて大変だった記憶があります。足摺岬も駐車場が狭かったし。少しは改善されたのでしょうか?

それはともかく、万次郎(トータス松本)、黒船のメンバーの中で一人だけ現代人っぽくって、なかなか良かったです。でも、「アメリカでは市民が国の行く道を決める(から発展する)。」というのが、ちょっと現代民主主義への皮肉のように聞こえてしまうのは私だけでしょうか?しかし、そんなアメリカへの定住でなく、日本に帰ってきた理由を聞かれ「自分は日本人だから」と断言する万次郎、とても格好良かったと思います。龍馬も同郷ということで、意気投合したようでいい光景でした。

というわけで、個人的には、「ふたりの京」のように佐那メインをちょっと期待していたので、当てが外れて残念というところも少しあります(苦笑)が、ドラマとしては(ちょっとぶつ切りのところは気になるし、弥太郎の話は今回はいらないような気がします。龍馬はほとんど関係ないし)、開放的な海の場面、暗雲立ちこめる勤王党、巨人容堂、清涼剤の千葉家の面々と、非常にバリエーションに富んでいて、これはこれで上手に作っているな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忍野の桜とお佐那さんのお墓めぐり

山梨の忍野村に、富士山と小川、それに桜という非常に絵になる場所があって、今年は、桜の開花状況と天候から見て、今週末が最初で最後のチャンスだろうと思い、今朝行ってきました。

ところが、他の人もみんなそう思ったらしく、到着したのが朝6時過ぎにもかかわらず、村営の無料駐車場は車でいっぱい。入れません。というわけで、ちょっと離れた有料駐車場に車を止めて、いざ撮影です。

しかし、予想はしていたのですが、三脚と望遠レンズを抱えた本格的な撮影スタイルの人たちで大混雑。良さそうな場所は20人以上の人で群がっています。まあ、週末の朝だし、仕方ないでしょう。というわけで、人の頭越しに撮った苦心の一枚です。

Img_10272_2

一見それなりの写真に見えますが、元の写真では下には人の頭やら手やらが写っています(苦笑)。

昨年の真原の桜並木の撮影ではここまで苦労はしなかったのですが、流石富士山、注目度も日本一ということでしょうか。

なお、今回は、土曜日(24日)は天気が良くなさそうだったので、この日の撮影は最初から諦めて、甲府に前泊しました。

というわけで、この機を利用して、「龍馬伝」のおかげですっかり有名になった千葉佐那のお墓のある「清運寺」に行ってきました。折り目正しいお佐那さんは、「龍馬伝」の前から好きな人物です(もっとも、貫地谷しほりが演じたのももちろん良かったです。)が、千葉家の墓に葬られたものとばかり思っていたので、甲府に墓があると知ったときはかなりの驚きでした。

それにしても、武田の本拠地、甲府まで「龍馬ゆかりの地」になるとは思いませんでした。ちなみに、武田神社とかは、何年か前に行ったことがあるので、今回はパスです。

Dsc00658

(帰りに寄った甲府駅前の信玄像です。普通はこっちがメジャーだよなあ。)

駅の近くに車を止めて、地図を片手に少し歩いて、割に簡単にお寺には行けました。お墓へも案内がちゃんとあるので迷いません。

お墓自体は思ったより小さかったのですが、お花とか供えられていました。ネットでも話題になっているように、お参りの人は増えているようで、私たちが行ったときにも、数人が墓前で手を合わせていました。いつぞやのネット記事にあったような、墓前で泣き崩れる人(理由はよく分かりませんが、よほど辛いことがあったのでしょうか?)は、流石にいませんでした。

ちなみに、写真とかは撮っていません。お供えとかも、片付ける人も大変だろうなと思い、特にせず、合掌して、お守りのキーホルダーを買って帰ってきました。

Dsc00676

上が今回買ってきたお土産セットです。お守り以外はある意味定番です。それにしても、信玄餅はともかく、芋焼酎「山本勘助」って、なかなかナイスです(笑)。

以下は余談です。こういう、大河ドラマがきっかけで意外な人物にスポットライトが当たるのを「一過性」として良く思わないというのもわかる気はするのですが、今回のように、「こんな素晴らしい人がいた。」というのを多くの人が知り、共感し、人生に良い影響を与えていくのもドラマの力だと思うのですが、どうでしょうか?(ただ、お墓参りに行く際はマナーは守ってほしいです。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年4月18日 (日)

龍馬伝 第16回(二日酔いになってしまった・・・)

今日はお花見で飲み過ぎてしまいました。昼からあんなに飲むんじゃなかった(苦笑)。というわけで、簡単に感想です。

まず、思いっきり勘違いしている千葉兄妹が微笑ましいです。しかし、龍馬(福山雅治)も、「佐那(貫地谷しほり)と一緒になって、道場を一緒に盛り立ててくれ」と迫る重太郎(渡辺いっけい)に、「その話は「今は」待ってくれ。」とか言ったらいけないんじゃないでしょうか。佐那はますます期待しちゃうような気も(笑)。でも、こういうな龍馬のキャラクターって、見ていて楽しいです。特に今週は、龍馬らしい突拍子のなさと、駄目男の面とのバランスが非常に取れていたと思います。福山龍馬のカラーが確立されたのではないでしょうか。多分、福山も相当考えて演じているんじゃないかなあ。

さて、注目の勝(武田鉄矢)との出会いですが、可も不可もないといった印象です。まあ、思ったよりは悪くありませんが、この展開だと、龍馬がただの誇大妄想に見えないこともなくて、勝は簡単に龍馬を認め過ぎかもとか思ってしまいました(笑)。

でも、松平春嶽(夏八木勲)に勝への紹介をお願いする際に、千葉定吉(里見浩太朗)が口添えするのが面白かったです。なんか、夏八木勲は「戦国自衛隊」の長尾景虎のイメージが強いので、里見浩太朗と対峙していると、天下取りの相談でもしているようで(笑)。この龍馬は本当に人に支えられて人生を切り開いていくんだな、という印象です。実際もそういう面はあったのではないでしょうか。

というわけで、やはり江戸編は夢とユーモアがあって面白いです。土佐編で目立った妙な龍馬持ち上げも少ないし。

最後に、「咸臨丸」はこの船だと思います。

07050309p1000197

2007年にハウステンボスで撮った写真です。(ちょっと色が違っていますが。)ハウステンボスもいろいろ大変のようですが、なかなか雰囲気のいい場所だし、「龍馬伝」をきっかけに盛り返してほしいです。といっても、仙台からは遠いのでなかなか行けませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

土曜ドラマ「チェイス~国税査察官~」 第1回 その他

新しい土曜ドラマ「チェイス」が始まりました。江口洋介、麻生久美子という「新選組!」の龍馬、お龍コンビ(このコンビは好きでした。)が出るのでかなり楽しみだったのです。(そういえば、「龍馬伝」の龍馬、お龍コンビの福山、真木が記者会見をしていましたねえ。)そうそう、木村多江も「新選組!」には出ていました。あの役も良かったなあ。

感想ですが、うーん、お金がどう動くのかとか、非常にわかりづらい。これは録画して二度見しないと、理解できないなあ。幸い、24日に再放送がありそうなので、チェックしておこう。

それ以外で気になったところから。歌織(麻生)ですが、夫の川島(長谷川朝晴)を愛していたように見えたのですが、亡くなったらすぐに村雲(ARATA)と復縁なんて、旦那さん可哀想とかちょっと思いました。ベッドシーンがあったりして、ここだけ昼ドラみたい。あと、多忙な春馬(江口)より先に旅行に行った奥さん(木村多江)が航空機事故で亡くなったことで、「お母さんが死んだのはお父さんのせいだ!」と言わんばかりに春馬を詰る娘もどんなもんかな?お父さんも一緒に旅行に行っていたら、両親共に亡くなってしまうので、ある意味幸運だったような気もするのですが。

なんてところとか、ちょっと抜けている(?)春馬の同僚とのやりとりとか、土曜ドラマにしては少し民放っぽいかな?とか思ったところはありますが、最初の脱税取り締まりの場面とか、なかなかテンポが良くて面白かったです。あと、村雲もなかなか初回を見ただけでは底が知れない感じで、次週以降どのようにドラマが展開していくか、興味深いところです。それにしても、ドラマ中で「いて座の人間は突っ走るから」みたいな台詞がありましたが、本当なのでしょうか?いて座の自分としては違和感がありますが(笑)。

というわけで、全般的には、「ハゲタカ」に家庭・恋愛要素をちょっと付加して、ハードさを中和したといった印象を受けました。私が土曜ドラマの美点だと思っている、登場人物が本当に仕事をしているような現実感と緊張感はこのドラマでも健在で、個人的には十分合格点だと思います。

春ドラマも出そろってきましたが、前クールと比べれば、なかなか充実しているかもしれません。とりあえず「臨場」「Mother」「チェイス」の3本は継続視聴しようと思っています。毎週感想は厳しいけど。

そうそう、「警部補 矢部健三」は2週目でバランスが良くなりました。潜入捜査班の矢部(生瀬勝久)と、推理班の桂(貫地谷しほり)、桜木(鈴木浩介)と、役割分担が明確になって、わかりやすくなりました。謎解きとかとても安っぽいのが、まるで「ケイゾク」の2話から6話のようです。良い意味でB級感を出していて、なかなか面白いです。これも継続視聴します。あと、朝ドラ「ゲゲゲの女房」が意外にいいです。松下奈緒の背の高さを上手に生かしている(笑)のもポイントが高いです。とても暖かいドラマで、見ていて癒されます。「ちりとてちん」以来の良作かも。

(追記)「チェイス」のHPに、今回の手口の解説が出ていました。非常に親切で有り難いのですが、やっぱり分かりづらいです。どうもお金には弱くって・・・。でもこんなページまで用意して、NHKは偉いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

雪が降っております。

私も仙台に来て早20年になるわけですが、流石に4月中旬に積もるほどの雪は初めてです。おかげで夏タイヤに代えたクーパーSは動けません(苦笑)。

Dsc00630

4月17日 8:20@仙台南部(まあ、雪が大きいのでもうすぐ雨に変わりそうですが)

まあ、幸い、今日は無理に出かける用事もないのでいいのですが。そろそろ暖かくならないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

「臨場」「mother」

いつの間にか、春ドラマが始まっていますが、これまで結構忙しかったので、事前チェックをしていません。でも、昨日は「臨場」「mother」と続けて見ました。

「臨場」ですが、ブログとかの感想を見ていると評価は高いです。確かに丁寧に作っているのでしょうけど、どうも私には合いません。どうも、犯罪の謎解きが頭の中で繋がらないのです。まあ、内野聖陽の演技は好きなんで視聴は続けますけど。個人的には、「mother」の方がわかりやすかったです。子役の演技がなかなか良かった。でも、尾野真千子は、民放に出ると、どうも今一役に恵まれないような気も。「警官の血」では中絶して自殺しちゃう役だったし、今回は娘より男を選ぶ母親の役だったり、ちょっと勿体ないような。ドラマ自体は重いトーンで、重厚感がありましたが、テーマも重いから、受けるか外すか、両極端のような気がします。

ちなみに、視聴率は「臨場」が18.6%、「mother」が11.6%という事のようです。警察ものに強いテレビ朝日、社会派ドラマが最近好調な日テレと、両局の特徴が良く出ているドラマなので、次週以降が気になるところです。それにしても「臨場」は好調ですな。このまま行くのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DVD「風が強く吹いている」

先週で仕事が一段落付いたので、今日はお休みを頂きました。明日からまた頑張ろう。でも、1日出てまた休みですが(笑)。

というわけで、骨休めに徹することにして、遠出をするわけでもなく、映画「風が強く吹いている」のDVDを借りてきて見てました。

リーダーのハイジ(小出恵介)がとても印象に残ります。献身的に寮の仕事をしたり、理にかなった説明でさまざまなメンバーをまとめる統率力と説得力など、もの凄く格好いい。小出恵介って、「僕の彼女はサイボーグ」とか「JIN」とか、どちらかというと軟弱な役が多かったと思うのですが、とても力のこもった演技で、映画を盛り立てていたと思います。

あと、天才ランナー役のカケル(林遣都)も良かった。走っている姿とか、本当に長距離ランナーのようです。かなりトレーニングを積んだのでしょうか。なんとなく、こういうスポーツ系のドラマには欠かせない俳優になりそうです。

ストーリー自体は、弱小陸上部が箱根を目指し奮闘する話ですが、ハイジとカケル以外の陸上部員たちも、2時間少しという制約の中でしっかり描写されていたし、読売新聞と日本テレビ、関東学連が協力したせいか、映像もちゃんと駅伝の臨場感が出ていました。何より、一つの目標に向かって協力し合う姿がしっかり描かれているのが素晴らしいところです。

こういう、実現困難な目標に知力と体力を生かして立ち向かっていく姿を見ると元気が出ますねえ。流石は大森寿美男+千住明の「風林火山」コンビ(と勝手に呼んでいる(笑))が関わっているだけのことはあると思います。ただ、ラストはちょっとありえないかも(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

「わが家の歴史」をちょっと見て

金曜日はあっさり挫折した「わが家の歴史」ですが、今日は内野聖陽が出るというので、ちょっと見ていました。升田幸三役ということで、多分少しだけの出演かなあ、とそれほど期待してもいなかったのですが。

で、出てきました。しかも、西田敏行との場面ではありませんか!「なんと、大河の勘助対決ではないか!」と一人で興奮してしまいました。内野と西田が縁側で将棋を指す姿はとても絵になっていて、なにか別のドラマを見ているようでした。

内野は「JIN」と違ってかなり抑えた演技をしていたし、西田敏行は美男子というわけでもないのに、時々とても雰囲気が格好いい時があるのが不思議です。個人的にはこれだけで大満足でした。

あとはやっぱり挫折してしまいました(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍馬伝 第15回

いやいや、今回は龍馬(福山雅治)と加尾(広末涼子)の、見ているこちらが恥ずかしくなるような恋愛ドラマでしたな(苦笑)。以蔵(佐藤健)も加わった3人で佇みながら「あのころには戻れない」とそれぞれが思う場面など、現代の青春ドラマを見るようです。広末も土佐の頃と比べて、HPで書いているほど激変したとは思えませんが、美しく描写されていたし、こういう甘い話のためのキャスティングなのかな、とは思います(笑)。

まあ、どうしてもこの時期の京都の話は血なまぐさくなるので、中和するためにも、ドラマ的にはこういう話が必要な気がします。紅葉の写し方など、映像的にもとても綺麗だったし、力の入れようがうかがわれます。龍馬と加尾のプラトニックな純愛と別れに涙した人も多いのではないでしょうか(私は淡々と見ていましたけど)。この龍馬なら江戸で吉原に行ったりしなさそうだなあ(笑)。ストーリー的にも、龍馬に道を示す人について加尾が示唆し、それが龍馬の再度の江戸行きに繋がっていくところなど、ちゃんと本筋に繋がっていたのが「ドラマとしては」良かったと思います。結構無理矢理な感じもするけど。

あと、今回はとかく空回り気味だった武市さん(大森南朋)にいい見せ場があったのが嬉しかったです。回だったように思います。三条実美に「将軍に攘夷実行を約束させるのです。」というところなど、このドラマでやっと切れ者らしく扱われたのではないでしょうか?でも、武市さんは山内容堂への忠誠心から動いているのが、ちょっと以蔵の動機と似ているように思いました。どちらも忠誠心の相手は、「とりあえず利用しておこう」みたいに思っているのが後の悲劇に繋がっていくんだろうな、と思うと、ちょっと可哀想です。そうそう、岩崎家もなかなかほのぼのしていていい感じでした。弥太郎はくじけないし、両親は逆境でも明るいし。奥さんは落ちぶれた(?)旦那さんをしっかり支えて、いい気分転換です(笑)。

というわけで、それほど悪い出来ではなかったとは思います。来週はまた江戸編で、楽しみです。武田勝はどんな感じなのでしょうか?予告だと江戸っ子の洒落た感じがあまり感じられないのが気になるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

「警部補 矢部謙三」を見て

昨日はフジ系「我が家の歴史」を見ていたのですが、顔見せ程度に続々と有名人が出てくる構成に違和感を感じて、15分程度で挫折してしまいました。あと、薄々予想はしていたのですが、柴咲コウの鋭い目付きがどうもなじめなかったというのもあります(苦笑)。ファンの方ごめんなさい。

さて、金曜ナイトドラマは仙台では1週遅れで放送されることも多いのですが、人気ドラマ「トリック」のスピンオフということでか、東京と同日での放送でした。もっとも、私は「トリック」を見たことはないのですが。

というわけで、感想ですが、矢部(生瀬勝久)が中心なのかと思えば、桂(貫地谷しほり)や桜木(鈴木浩介)が謎解きを担当する部分が多かったので、ちょっとストーリーの軸がはっきりしない印象がありました。。貫地谷も頑張ってはいましたが、どうも、こういうドラマでは彼女の実力が活かされないような気がしますし、謎解きの中心は生瀬にさせてあげたかったように思います。やはり主演でない人を主演に据えてのスピンオフって難しいと思いました。

まあ、B級ドラマと割り切ってみれば、まずまず面白かったので、視聴は続けようと思っています。でも、「外事警察」を見た者としては、警察内部の場面とかあまりに幼稚な描写なのが気になるところです。割り切っているんでしょうけど。ここでちょっと思ったのが、生瀬も貫地谷も「龍馬伝」では好演していたし、テレビ朝日は刑事ドラマのレベルは高いので、いっそシリアスドラマにしてしまった方が面白かったかも、ということです。ただ、視聴率は取れないだろうなあ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

仙台環状道路?

さっきまで「龍馬伝 第14回」を見ていましたが、福山雅治がちょっとイメージ変わりましたね。ちょっと芝居がかっているけど、凄みが出てきてなかなか良かったと思います。でも、龍馬が変わる理由が少々説明不足なのが惜しいです。(これは脚本の問題で、福山のせいではありません。)

武市さんと以蔵の場面もなかなか笑えるんですが、個人的には及第点です。あくまでドラマとしてみると、以蔵が「人斬り」になるまでのストーリーとしてはちゃんと繋がるし。というわけで、結構ハードで渋い展開になってきたような気もしますけど、来週は加尾が出てきてまた甘い展開なのね(苦笑)。まあ、来週で甘い展開も最後のような気もしますけど。

さて、3月27日に仙台北部道路の利府しらかし台-富谷JCT間が開通し、仙台の周りを高速道路で一週できるようになりました。今日は午前中に少し時間があったので、クーパーSのタイヤの慣らしも兼ねて走ってきました。

環状道路といっても、新開通区間以外はすべて走ったことのある区間です。今泉IC→南部道路→東部道路→北部道路→東北道→南部道路→長町ICというルートで走りました。

新開通区間は丘陵部を切り開いて作った片側1車線の区間で、特筆すべき事はありませんが、都会的な都市高速(東部道路)あり、都市近郊とは思えないようなワインディング(東北道)ありと、バリエーションにもけっこう富んでいて、なかなか走っていても面白いルートだと思いました。

これだけ走っても、料金も1区間分ということで150円(ETC割引あり)だったので、とてもリーズナブルです。「ちょっと車を走らせたいけど、蔵王とか牡鹿は遠いな」とか思ったときにお薦めしたいです。そうそう、一周してしまうと、2,200円とかいきなり料金が高くなるようなので、ご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

仙台空港展望デッキ

仙台空港は、これまでオープンタイプの展望場所がなく、飛行機をガラス越しに見るしかなかったのですが、このたび、3月19日に展望デッキ(「スマイルテラス」という名前だそうです。)がオープンしたので、そろそろほとぼりが冷めただろうと思い、行ってきました。

行ってみたら、「仙台空港祭り」とか行われている(目立ったイベントはあまり行われていませんでしたが)せいか、デッキへの入り口のエレベーターには、意外にも行列ができていました。まあ、それでも、10分くらいの待ち時間でエレベーターに乗れたのは良かったです。

そうそう、この展望デッキは有料(100円)なので要注意です。まあ、元々デッキを作ることを想定していない屋上に無理矢理作りつけたはずなので、結構お金はかかっているような気もするし、昨今の不況で空港の利用客も伸び悩んでいるので、少しでも増収を図るのは仕方ないかな、と思います。

上がってみると、流石に有料だけあって、東に太平洋、西に蔵王連峰、北に仙台市街、眼下に滑走路と航空機と、素晴らしい眺めです。これまでの展望スペースとは比較になりません。この景色を味わえて100円はお得だと思います。

Dsc00613

北東方向です。ANAのB737が駐機中です。

デッキのスペースも結構広々としているし、乗り物好きのお子さんがいるようなご家族にもぜひお薦めしたい施設だと思いました。小学生以下は無料だし。

ちなみに、空港自体ですが、国内線は結構活気があって、ちょっと安心です。ただ、ちょっと国際線ターミナルは淋しい感じがしました。昨今の不況の中で、仙台空港もなかなか大変だと思いますが、アクセス等は優秀だと思うので、頑張ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »