« 仙台環状道路? | トップページ | 龍馬伝 第15回 »

2010年4月10日 (土)

「警部補 矢部謙三」を見て

昨日はフジ系「我が家の歴史」を見ていたのですが、顔見せ程度に続々と有名人が出てくる構成に違和感を感じて、15分程度で挫折してしまいました。あと、薄々予想はしていたのですが、柴咲コウの鋭い目付きがどうもなじめなかったというのもあります(苦笑)。ファンの方ごめんなさい。

さて、金曜ナイトドラマは仙台では1週遅れで放送されることも多いのですが、人気ドラマ「トリック」のスピンオフということでか、東京と同日での放送でした。もっとも、私は「トリック」を見たことはないのですが。

というわけで、感想ですが、矢部(生瀬勝久)が中心なのかと思えば、桂(貫地谷しほり)や桜木(鈴木浩介)が謎解きを担当する部分が多かったので、ちょっとストーリーの軸がはっきりしない印象がありました。。貫地谷も頑張ってはいましたが、どうも、こういうドラマでは彼女の実力が活かされないような気がしますし、謎解きの中心は生瀬にさせてあげたかったように思います。やはり主演でない人を主演に据えてのスピンオフって難しいと思いました。

まあ、B級ドラマと割り切ってみれば、まずまず面白かったので、視聴は続けようと思っています。でも、「外事警察」を見た者としては、警察内部の場面とかあまりに幼稚な描写なのが気になるところです。割り切っているんでしょうけど。ここでちょっと思ったのが、生瀬も貫地谷も「龍馬伝」では好演していたし、テレビ朝日は刑事ドラマのレベルは高いので、いっそシリアスドラマにしてしまった方が面白かったかも、ということです。ただ、視聴率は取れないだろうなあ(苦笑)

|

« 仙台環状道路? | トップページ | 龍馬伝 第15回 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/48048782

この記事へのトラックバック一覧です: 「警部補 矢部謙三」を見て:

« 仙台環状道路? | トップページ | 龍馬伝 第15回 »