« 忍野の桜とお佐那さんのお墓めぐり | トップページ | 北海道旅行(2010年GW)(4月29日) »

2010年4月25日 (日)

龍馬伝 第17回

今回は龍馬(福山雅治)が大坂へ旅立つまでの話です。

お佐那さん(貫地谷しほり)は今日も凛々しくて、良かったです。龍馬の旅立ちに当たっての立ち会いの場面は、「女たちの龍馬伝」でさわりは見ていたのにちょっとほろっとしてしまいました。ここは貫地谷もいいんだけど、彼女のよさを引き出す福山も立派です。

妹思いの重太郎(渡辺いっけい)、娘を案じながら龍馬のこともちゃんと考えている器の大きい定吉(里見浩太朗)と、本当に千葉家は素晴らしい面々だと思います。このドラマの清涼剤です。でも、ちょっと綺麗にまとめすぎかも。その後の佐那の人生を思うと、ちょっと可哀想になります。

ただ、今日のタイトルが「怪物、容堂」というわけで、かなり盛りだくさんな話でした。とても綺麗な千葉道場の話の余韻を吹き飛ばしてくれた(笑)のが、他ならぬ容堂(近藤正臣)です。ラストの勝との面会の時、後ろにいるのが土佐藩士(つまり龍馬)と絶対分かって言っているよな。もの凄い迫力で、近藤正臣の演技もさることながら、こういう描写は、流石大友演出だな、と思いました。もっとも、容堂を大物に描きすぎじゃない?と思ったりもしますが。

ちなみに、先週はまずまずだった勝(武田鉄矢)だけど、今週は微妙かも。個人的には、勝のイメージって「さらっとしているが毒がある」感じなので、ちょっと粘っこすぎるような気がします。

あと、土佐勤王党の場面は相変わらず重苦しいです。以蔵とか辛そうです。もしかすると千葉道場と対比するために出てきたんでしょうか?容堂の発言にもありましたが、来週以降は、いよいよ彼らの前途にも暗雲が立ちこめるわけですが、余計にドラマが重苦しくなりそう。

それにしても、もうすぐ新選組が登場するわけですが、そういえば、以蔵が感じているような人を斬ることへの辛さみたいなものを、土方とか沖田にはあまり感じなかったなあ、とか思いました。あっちは幕府とか、京の街を守るという大義があったからでしょうかねえ。

そうそう、終了後の「龍馬伝紀行」、ジョン万次郎ゆかりの地についてでした。土佐清水とか、幡多郡が出てくると嬉しいです。でも、万次郎の出生地とか、昔バイクで行ったけどかなり道が狭くて大変だった記憶があります。足摺岬も駐車場が狭かったし。少しは改善されたのでしょうか?

それはともかく、万次郎(トータス松本)、黒船のメンバーの中で一人だけ現代人っぽくって、なかなか良かったです。でも、「アメリカでは市民が国の行く道を決める(から発展する)。」というのが、ちょっと現代民主主義への皮肉のように聞こえてしまうのは私だけでしょうか?しかし、そんなアメリカへの定住でなく、日本に帰ってきた理由を聞かれ「自分は日本人だから」と断言する万次郎、とても格好良かったと思います。龍馬も同郷ということで、意気投合したようでいい光景でした。

というわけで、個人的には、「ふたりの京」のように佐那メインをちょっと期待していたので、当てが外れて残念というところも少しあります(苦笑)が、ドラマとしては(ちょっとぶつ切りのところは気になるし、弥太郎の話は今回はいらないような気がします。龍馬はほとんど関係ないし)、開放的な海の場面、暗雲立ちこめる勤王党、巨人容堂、清涼剤の千葉家の面々と、非常にバリエーションに富んでいて、これはこれで上手に作っているな、と思います。

|

« 忍野の桜とお佐那さんのお墓めぐり | トップページ | 北海道旅行(2010年GW)(4月29日) »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/48181370

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第17回:

« 忍野の桜とお佐那さんのお墓めぐり | トップページ | 北海道旅行(2010年GW)(4月29日) »