« 「作詞家 松本隆の40年」を見て | トップページ | 龍馬伝 第22回 »

2010年5月30日 (日)

カレイ釣り(大型魚礁)

昨日は、職場の釣りクラブで久々にカレイ釣りに行ってきました。

船は閖上の「文丸」。20人くらい乗れる大きな船なのですが、今回は参加者が少なく、6人だったので、ゆったりと釣りができました。ただ、仕立て船なので、人数が少ないとクラブの会計補助を増やさなければならず、会計としては喜んではいられないのですが(苦笑)。

それにしても、トイレ完備、前後のキャビンにはテレビ付き(航行中はエンジンがうるさくて音が聞こえませんが)と、最近の釣り船は快適です。

大型魚礁のカレイ釣りですが、今年はちょっと釣果が不安定なようで、ネットで見ていても、ここ数年のように竿頭が100枚以上釣るのが当たり前という状態ではないようです。

というわけで、ちょっと1枚目を釣るまでは不安だった(実際、竿を出してから最初の1枚まで30分くらいかかった。)のですが、1枚目を釣ってからは、「仕掛けを落として、最初に2回ほど大きくしゃくって、その後は小さいコヅキ10回→やや大きいしゃくり1回の繰り返し(時々10秒ほど何もしないで仕掛けを止める)」といったリズムが合ったのか、コンスタントにカレイを釣ることができ、トータル48枚と、まずまずの釣果でした。

水温は低いので、魚の活性も全盛期ほどではないとは思うのですが、その割に、上、中針にかかってくるカレイが異常に多かった(普段は下針が8割以上。今回は半分くらいは上、中針でした。オモリに近い上の針の方がコヅキに対応して大きく動くので、活性の高いカレイは上の針にかかる事が多い(と思う)。)ので、それだけ見ると、アクティブなカレイが多かったのかも、とよく分からない状況でした。

ちなみに、持って帰ってきたカレイは半分を妻の実家に分け、残りの半分を一夜干しにして、さらに残りは唐揚げにして食べることにしました。というわけで、昨晩のおかずはカレイの唐揚げです。非常に美味しかった。

カレイは煮て良し、焼いて良し、唐揚げにしても良し、大きいものは刺身でも良しという素晴らしい魚なのですが、釣れすぎても大変なので、今回の釣果ぐらいで丁度いいのでしょう。ただ、釣りに行くともっと釣りたいと思うし、困ったものです。

|

« 「作詞家 松本隆の40年」を見て | トップページ | 龍馬伝 第22回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/48493170

この記事へのトラックバック一覧です: カレイ釣り(大型魚礁):

« 「作詞家 松本隆の40年」を見て | トップページ | 龍馬伝 第22回 »