« 「すぱエール蔵王」閉館! | トップページ | CS放送感想(意外な人が出ている) »

2010年7月18日 (日)

龍馬伝 第29回

第3部スタートですが、冒頭、弥太郎(香川照之)は佐那(貫地谷しほり)の営む鍼灸院へ。ここの場面が妙に緊迫感があった気も(笑)。そういえば、佐那には結婚していたという説があるようですねえ。

さて、龍馬(福山雅治)とその仲間たち(結構メンバーが固まって、今回から急にバランスが良くなったような気がします。)は長崎へ。これまでと打ってかわって鮮やかな街に驚く一行です。江戸時代からあんなに極彩色だったのでしょうか?

「しっぽく」の紹介もあったりして、なんとなく、水戸黄門とか朝ドラでよくある「地元紹介」みたいに見えるんですけど(苦笑)。まあ、大河ドラマは地域振興にとても貢献するし、それ自体は別に悪いことではないので、いいんじゃないかなあ。個人的には長崎大好きだし。「ちゃんぽんと異国情緒、それに夜景の綺麗な港町」長崎にまた行きたくなってしまいました。

話としては、長崎に武器を買いに来た高杉晋作(伊勢谷友介)率いる長州藩の面々と龍馬たちが出会い、そこに西郷たち薩摩藩が現れて一触即発!ということで、ここに、「外国に分断される危機に気づかないこの国は終わりだ」と語り合うイギリス商人の場面が挿入されたり、高杉の宴席で舞踊を踊る元(蒼井優)が実は長崎奉行所の密偵だということがわかる場面が挿入されたりと、第3部のスタートに相応しい見どころ満載の回ではありました。高杉の投入が成功だったように思います。

強いて言うと、前半がちょっと微妙。西郷に「薩摩の事だけを考えずに日本を考えないと外国の餌食になる」と説く龍馬ですが、西郷に「あんたは一介の脱藩浪士だろう!」とあっさり拒絶されます。そりゃそうだろうなあ。って、ここは別に妙じゃないか(笑)。

ただ、幕府がフランスと組んで、各藩と外国の直接取引を認めなくなって、薩摩藩も困るようだし、変化の兆しも描写していますねえ。もっとも、日本の中央政府たる幕府にしてみると、各藩が勝手に外国と取引してしまうと、自らの信用失墜に繋がりかねないので、それはそれで無理からぬような気もします。まあ、このあたりまで表現すると、もはや「龍馬伝」ではないですが、個人的には、幕府の立場もしっかり描いた上で龍馬たちの見せ場もちゃんと作る位のレベルを「龍馬伝」スタッフには期待していたのですが、そこまではさすがに高望みだったかも。(大森寿美男とか林宏治ならそういう脚本を書けたかもしれませんが。)

その後、グラバーに船を借りに行く龍馬たちですが、ただ貸してくれって言って、ハイそうですかと貸す人もいないと思うのですが。ここはもう少し脚本が頑張ってほしいです。もっとも、わざと狙っているのかも。まあ、ここは、あとで、「日本にも国全体を考えている人がいる。」とグラバーが気づいて龍馬に協力する伏線になるのかもしれません(って、ちょっと見え透いているかも)。

あと、気になったのは、薩摩と長州の対峙場面。確かに龍馬、高杉、西郷、それぞれ見せ場があって、とても格好いいのですが、ちょっとひねくれた言い方をすると、なんとなくキャスト優先のイメージビデオ的だなあと思います。あと、どの場面でもみんな大声で叫びすぎてうるさい割に台詞が聞き取れなかったりするのも困ります。今回は特に気になりました。おかげで、久々に2回見てしまいました(笑)。なんだかんだ言って、久々に多面的な描写になっていて、結構見応えあったし。なかなか評価が難しいところであります。

もう一つ書くと、前回までの話が「なかったこと」みたいになっていて、突然、舞台が長崎に行ってしまうのも違和感があります。これまで一生懸命土佐勤王党を描いてきたのが、クールが変わった途端に顧みられないのも、「大河ドラマ」としての連続性から見てどうかなあ?

最後に、「ちりとてちん」メンバーがまた一人。四草にいさん(加藤虎ノ介)が長州藩井上聞多役で登場です。特に目立ってはいなかったけど。なんだかんだ言っても、「ちりとてちん」ファンは「龍馬伝」プロデューサーには足を向けて寝られないかもしれません(笑)。

|

« 「すぱエール蔵王」閉館! | トップページ | CS放送感想(意外な人が出ている) »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/48909252

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第29回:

« 「すぱエール蔵王」閉館! | トップページ | CS放送感想(意外な人が出ている) »