« MR2の燃費 | トップページ | 牡鹿コバルトラインでの走行テスト »

2010年8月 1日 (日)

車高調導入記

MR2のことを書きたいので、今週は「龍馬伝」の感想は休みます。

さて、MR2ですが、納車時にいろいろあって、その代償ということで、新品の車高調「TEIN SUPER STREET」を付けてもらいました。

Dsc01001

これがその車高調です。まだピカピカです(笑)。

その他、キーレスエントリーの設置、クラッチは新品交換(これは納車時の件とは別です。)など、車両本体価格が50万円以下だった割に、結果的にお得だったと思います。

もっとも、安いだけにいろいろ不安要素はあるのですが、MINIと違って、トラブルが起きてもこの値段なら仕方ないと思います(苦笑)。

この車高調に至るまでもいろいろ曲折がありました。

どちらかというとジェントルな足を目指していたので、最初は純正のビルシュタインを希望したのですが、1本4万円ほどかかるとのことで、流石に業者さんに申し訳なく、断念しました。

次に、MINIで評判のいい「KONI」にしようと思いました。このショックとMR2の組み合わせはほとんど情報がないのですが、人柱になる覚悟でした。でも、入手に数ヶ月かかるということで、これまた断念。オランダ本国から運んでくるのでしょうか?

というわけで、結局、かなりリーズナブルで、しかも評判もまずまずの「TEIN SUPER STREET」に落ち着きました。

で、感想です。

実はこの車、試乗時にはへたったノーマルサスの状態だったので、まるで営業車のようなデッドなハンドリングで、MINIの方がはるかに良好だったので、買い換えをやめようか、と思ったほどでした。

しかし、流石、車高調、一般道でのクルージングのレベルではしっかりショックも吸収し、フロントに荷重をかければなかなかの切れ味で回頭してくれます。MR-SやMINIと比べても全く遜色ないレベルに変身していて、安心しました。車高もちょっと落ちて、少し精悍になったかも。

ただ、問題は街乗りで、普通に走っていると、路面の凹凸で結構跳ねます。妻は「ラパンの方が乗り心地がいい」という始末です。まあ、仕方ないことですが。とりあえず、わが家の買い物の足は相変わらずラパンです(笑)。

ちなみに、凹凸での跳ね方がロアアームバーを付ける前のMR-Sにちょっと似ているので、ボディ強度の問題もあるのかもしれません。ちょっと対策を考えようかと思っています。

|

« MR2の燃費 | トップページ | 牡鹿コバルトラインでの走行テスト »

MR2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/49030051

この記事へのトラックバック一覧です: 車高調導入記:

» 伊勢谷友介 龍馬伝 [ライブハウスは狭いね]
検索したら、色々わかったので納得です !そのまえに。。。。まずはあのひとと、観たい ★打ち上げ花火★花火大会は、浴衣がいいと思う♪あなたは、カップルで?家族で?WJ46032E 龍馬伝にエキストラとして出たいです。龍馬伝にエキストラとして出たいです。もう、遅いかもしれませんが、龍馬伝にエキストラとしてぜひ、出たいです。撮影はだいたいいつまででしょうか?また、NHKの大河ドラマにエキストラとして出るにはどうすればいいのでしょうか?NHKの大河ドラマ....... 車高調導入記 MR2のことを書きたい... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 13時36分

« MR2の燃費 | トップページ | 牡鹿コバルトラインでの走行テスト »