« 龍馬伝 第41回 | トップページ | 「ギルティ 悪魔と契約した女」初回の感想 »

2010年10月11日 (月)

2010年秋ドラマについて

「10年先も君に恋して」の最終回を見直したのですが、なるほど、40博(内野聖陽)との別れの前日に里花(上戸彩)は手紙を書いていたのですね。それを律儀な(笑)弟君が2020年に里花に送った、ということで、ちゃんと話がつながりましたし、40博の行動も無駄ではなかったわけです。まあ、記憶が消えるのに手紙は消えないの?という疑問はあるんですが、そういうことを言うのはこのドラマに関しては野暮のような気がします。

というわけで、改めて見ても、ストーリーはちゃんとしているし、人物設定も問題ないし(日高さんもいい人でした。)、現段階で今年唯一、満足できるドラマだと思いました。

さて、「10年先も君に恋して」がクールをまたいで放送しているので、秋ドラマの季節に入ったという感じがしないのですが、もうスタートしているドラマもありますもんね。感想なのですが、相変わらずアウトロー的な感じの人物が難病とか困難に直面して悩み苦しむと言ったドラマが多いので、別に見たくないものが多いです。「流れ星」「フリーター 家を買う」とか、特にフジのドラマに強く感じます。普通の職業で真面目に頑張るといったドラマがどうしてできないのでしょうか?

というわけで、一応、見ようと思っているのは、フジ系火曜22時の「ギルティ 悪魔と契約した女」位です。ただ、ミステリーとか苦手だから継続視聴するかは微妙。あと、本当は「ケイゾク」のカラーを引き継いだ「SPEC」を見るべきなのでしょうが、やはり、渡部-中谷コンビがいないので、完全に別のドラマという感じがして、どうも興味が湧かないです。

|

« 龍馬伝 第41回 | トップページ | 「ギルティ 悪魔と契約した女」初回の感想 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/49709989

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年秋ドラマについて:

» ドラマをもっと詳しく知るには [ドラマ]
昨日、本屋に行ったらつい目にとまって見てしまいましたドラマ関連本。結局立ち読みで帰ってきましたが・・・・だってAmazonで買ったほうが安いので。 私はよく流行調査のように本屋に行ってそのあとAmazonで買うパターンが多いです。そんなことで、このブログで紹介しておきます。2010年秋ドラマについて: いて座の雑記さて、「10年先も君に恋して」がクールをまたいで放送しているので、秋ドラマの季節に入ったという感じがしないのですが、もうスタートしているドラマもありますもんね。感想なのですが、相変わらず... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 14時36分

« 龍馬伝 第41回 | トップページ | 「ギルティ 悪魔と契約した女」初回の感想 »