« 「文芸春秋」と「ドラマ 12月号」の記事 | トップページ | 龍馬伝 最終回 »

2010年11月27日 (土)

宮城にもある「海に一番近い駅」

いよいよ明日は「龍馬伝」の最終回です。福山龍馬の最後の頑張りを見極めたいと思います。

個人的には、やはりカピ様(市川亀治郎)の演技に注目です。「風林火山」で見せたような濃い演技全開で「りょーまー!」とかうなりながら龍馬に斬り込むと、某巨大掲示板もさぞかし盛り上がりそうです(笑)。でも、それでいいのかなあ(多分、抑えた演技をすると思うんですけど)。

それにしても、気づいた人がいるかはわかりませんが、お龍役の真木よう子は、役の上では、「風林火山」では父母と夫を、「龍馬伝」でも夫を亀治郎さんに殺されてしまうわけで、なんとも奇しき因縁だと思います。

それはともかく、今朝は仙石線の陸前大塚駅に行ってきました。MR2を走らせて1時間ほどです。本当は電車で行くべきなんでしょうけど、JRさん、ごめんなさい。

「海に一番近い駅」というと、当ブログでも紹介した北陸本線の青海川駅(新潟県)と、鶴見線の海芝浦駅(神奈川県)が比較的メジャーですが、この駅もそう呼ばれる資格のある駅の一つです。

ただ、陸前大塚駅が他の2駅と違うのは、青海川駅と海芝浦駅は、ホームが海側にあって、その外側に海が広がっているのに対し、陸前大塚駅は、ホームと海の間に線路があることです。

Dsc01198

そのため、ホームに立ってみての海の近さでは、他の2駅に一歩譲ります。ただ、駅には線路ももちろん含まれるので、駅トータルとして考えると、やはり、「海に一番近い駅」を名乗る有資格者のひとつだと思います。

(余談ですが、海から一番近い駅の有資格者は結構多いです。「海から一番近い駅はどこ?」という議論の中で、連絡船のあった高松とか青森はどうなの?という話が出て、これはこれで一番近いかも、と妙に納得しました。)

なお、駅から見た景色はこんな感じです。

Dsc01202

ちょっと青海川駅の写真に印象を近くしてみました。青海川駅のように、海の雄大さや厳しさを感じるわけではないのですが、とても穏やかでのどかな印象です。

面しているのが松島湾なので、ホームからはバリエーションに富んだ島々や、漁船たち、また、この日は天気が良かったので、湾の向こうに塩釜の町やさらには蔵王連峰まで見渡すことができ、なかなか素晴らしい景色でした。

青海川駅では、海の雄大さと旅情を、海芝浦駅では工業地帯のオアシス的な意外さを感じることができます。対して、この駅は、県道のすぐそばなので、ちょっと車の音が気になりますが、それを除けば、内湾の穏やかさと島々の織り成す景色、さらには人々の生活も感じることができ、他の2駅とはまた違った魅力のある駅だと思います。

松島を訪れる、ちょっと鉄道に興味がある人にはお勧めしたい場所です(鉄道マニアの人は当然知っているだろうから、改めて薦めません(笑))。

|

« 「文芸春秋」と「ドラマ 12月号」の記事 | トップページ | 龍馬伝 最終回 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

「海に一番近い駅」

私はかの「東京ラブストーリ」で有名になった、伊予鉄道の梅津寺駅を推します。
http://twitpic.com/2q8b5e
国道からも少し離れていてとても静かな駅です。
防波堤に座ってボーっとするのには最適な場所です。
見ての通りホームの直下が砂浜です。

投稿: carpeagles | 2010年12月 4日 (土) 21時33分

コメントありがとうございます。
画像も拝見させていただきました。
愛媛の「海から一番近い駅」といえば、私は、予讃本線の下灘駅を思い出すのですが、こちらも確かに雰囲気のよさそうな場所ですね。
「坂の上の雲」関係で松山に行った際にでもぜひ訪れたい場所ですね。

投稿: かのーぷす | 2010年12月 5日 (日) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/50145704

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城にもある「海に一番近い駅」:

« 「文芸春秋」と「ドラマ 12月号」の記事 | トップページ | 龍馬伝 最終回 »