« 新年最初の感想(ドラマ「いつかまた逢える」) | トップページ | 「恋するキムチ」公式サイトオープン »

2011年1月 2日 (日)

2011年冬クールドラマについて(他もろもろ)

正月2日は「箱根駅伝 往路」で、これまでなら気合を入れて見ていたんですが、毎年代わり映えしない展開(4区までどこかの大学独走→5区柏原逆転)と、「スーパールーキー出現!」に飽きてきたので、今年はほとんど見てません。

というわけで、一昨年録画していた「坂の上の雲 第5回」を見てました。アリアズナの初登場ってどんな感じだっけ?という不純な動機(笑)で見てたんですが、マハンが真之に「様々な戦例を一生懸命分析し、実際の戦いに生かすべきだ。」みたいな事を言ってたのが印象に残ってます。こういう考え方って、仕事でも生かせると思うんですけど。仕事も戦いのようなものですし。

で、この時間は、本当はテレビ東京系の「二人の軍師」を見たいんですけど、残念ながら、仙台では放送してません。多分、脚本、演出、衣装等で大河ドラマとは比較にならないほど安っぽいと思うんですけど、キャストが強力です。山本耕史、西田敏行、貫地谷しほりと、個人的には時代劇系では最強のメンバーだと思います。高橋克典もなかなかのものです。このまま大河で使いたいほどのメンバーです。まあ、いずれBS-Jで放送するのを期待しましょう。

さて、さっきは「いつかまた逢える」の感想を書いたわけですが、古いドラマの話ばかりしていてもしょうがないので、1月スタートのドラマについてです。

まずは大河「江」についてです。NHKで随分宣伝してますね。ただ、昨年の「龍馬伝」と比べるとちょっと控えめの気もします。

予告を見た感想なのですが、このドラマ、脚本が「篤姫」の田渕久美子さんということで、多分、女性をターゲットに据えたストーリーになるんでしょうけど、重鎮を揃えた俳優陣、戦国を生き抜くヒロイン、実年齢よりちょっと年かさに見える女優陣と、むしろ「功名が辻」と近い印象を受けるんですけど。時代も一緒だし。

個人的には、特に茶々役の宮沢りえが微妙かな。平成に入ったあたりだと、後藤久美子と宮沢りえがなんとなくライバル的な印象があって、「独眼竜政宗」が好きだった私はゴクミ派でした(笑)。そのころの印象を引きずっているので、あんまり好きではないんです。予告を見ても、よく言えば落ち着きすぎているような気がしますし、茶々としてはどうなのかなあ。

まあ、「篤姫」路線のストーリーと、「功名が辻」を思わせる俳優陣は、新味はあまりないけど、手堅いともいえます。どのように展開するのか注目したいです。

民放では、見ようと思っているのがテレ朝系金11時「バーテンダー」とフジ系火10時「美しい隣人」です。基本的にキャストで選んでます。

「バーテンダー」は主役の相葉君って良く知らないんですが、貫地谷しほりが出るというだけで視聴決定です(笑)。それにしても、貫地谷は「金曜ナイトドラマ」に毎年出ているなあ。

同様に「美しい隣人」は渡部篤郎が出るということで、見てみます。ただ、仲間由紀恵に翻弄される役ということですが、私の中では「外事警察」の住本さんのイメージが強すぎるので、渡部が平凡な役を演じていると、実は裏の顔があるんじゃないかとか思ってしまいます。国家権力さえ翻弄する「公安が生んだ魔物」が一介の悪女に翻弄されるとは思えないんですけど(苦笑)。

あとは、ちょっと月9の動きは面白そうです。ただ、今クールは「どっかで見たような設定の組み合わせ」感が強いのでパスします。キャストにも惹かれないし。

月9は、前クールの「流れ星」から、若い脚本家を積極的に登用していて、今回もその方向性を維持しています。「流れ星」はなかなか落ち着いたストーリーだった(最終回は間延びしたが)し、新しい血を入れるというのは、ドラマに新風を起こす可能性もあるので、この取り組みは良いことだと思います。特に昨年はドラマジャンルが警察ものに偏りすぎていたので、斬新な設定の恋愛ものとか見てみたいものです。

|

« 新年最初の感想(ドラマ「いつかまた逢える」) | トップページ | 「恋するキムチ」公式サイトオープン »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/50472019

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年冬クールドラマについて(他もろもろ):

« 新年最初の感想(ドラマ「いつかまた逢える」) | トップページ | 「恋するキムチ」公式サイトオープン »