« 鳴瀬川河口へちょっとドライブ | トップページ | TAROの塔 第1話 »

2011年2月26日 (土)

金曜ナイトドラマ バーテンダー 第4話

今回も、溜(相葉雅紀)のカクテルに示唆されたゲストキャラが自分の道を見つけていくという基本パターンは不変でした。話のつながりとしては前回の方が綺麗だったと思いますけど、今回もまずまずです。

不本意な形態の(と思っていた)バーの閉店を決めた溜の「バー 風」でのよき先輩、北方(カンニング竹山)のもとに、彼の作るカクテルの良さを知っていたお客さんたちが集まってくるというオチが、ベタだけどなかなか良かったです。変わってしまったように見えた北方だけど、カクテルを通したお客さんのもてなしの基本はしっかりしていたんでしょうね。

あと、美和(貫地谷しほり)が溜の過去を聞きだそうとして、彼の心の傷に触れてしまうんですが、そのあと溜に謝っているのも良かったかな。誰だって触れられたくない過去はあるので。このときの健気系の演技は流石貫地谷だと思いました。まあ、ファンの贔屓目かもしれませんけど(笑)。

でも、このとき溜が「何のこと?」って返したのは、美和が反省しているのを思いやったのか、それとも、単に忘れているだけなのか、多分前者なんでしょうけど、相葉君の演技だと後者にも見えるのが面白いところでした。そのあとおでんを食べに行っちゃうのもいい。ラストを必ず溜と美和のほのぼの場面で締めるのも後味がよくていいです。

次回ですけど、ちょっとシリアスな場面も多そう。このドラマ、先週も書いたんですけど、個人的には溜と美和、さくら食堂のほのぼの場面が好きなんで、あまりぎすぎすしないといいけどなあ。

|

« 鳴瀬川河口へちょっとドライブ | トップページ | TAROの塔 第1話 »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/50971103

この記事へのトラックバック一覧です: 金曜ナイトドラマ バーテンダー 第4話:

« 鳴瀬川河口へちょっとドライブ | トップページ | TAROの塔 第1話 »