« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

レイアウトの復旧

さっきBSデジタルについてもちょっと批判しましたが、実は地上波に劣らず見ていたりします。

特にBSフジの「全国百線鉄道の旅」は落ち着いていていいです。民放の旅行番組で、ゲストがしゃべりまくるのには辟易するのですが、この番組は落ち着いたナレーションに乗せて、列車の姿と美しい沿線紹介が淡々と流れるのがとても良く、居ながらにして旅行気分を味わえます。こういう番組がもっと増えて欲しいと思います。タレント出ないから、制作費も安いと思うんですけど(笑)。

話がそれましたが、うちのNゲージのレイアウト、完成直後に震災でちょっと壊れたんですが、やっと直しました。乗せていた電車は全てひっくり返っていたのですが、特に壊れていなかったし、まあ良かったです。

で、この日のために「タムタム 仙台店」で買った「長野電鉄 1000系 ゆけむり」を走らせたのでした。

Dsc01514

手前が「ゆけむり」。奥は京急2100形です。現実にはありえません(笑)。

でも、走らせてみて思ったのですが、なんか変な感じです。この車両、元は小田急のロマンスカーなわけですが、デザインが長大編成を前提にしている感じがします。4両編成だと先頭車両が存在感がありすぎて、なんか格好良くないな、と思いました。

それに限らず、ちょっと直したいところがあります。このレイアウト、最大で5両編成しか駅に止められないのですが、なんとか6両編成を止めたいなと思ってます。すこし考えてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高岡蒼甫さんの発言について

高岡蒼甫さんの発言、話題になってますね。

基本的には変なことは言ってないと思ってます。多くの人が書いてますけど、別に「韓国とか韓国ドラマが嫌い」と言ったんじゃありませんから。

今回取り上げられたのがフジテレビですが、フジに限らず、どこの放送局も、特にBSデジタルなんて、韓国、中国ドラマがとても多いです。

日本はコンテンツ産業を輸出できる商品に育てようということだったと思いますが、放送業界がそれと逆の動きをしているわけです。

韓国ドラマを買ってくるということは、貿易収支上、日本の赤字、韓国の黒字になるだけでなく、そのお金で韓国のコンテンツ産業が活性化するということで、日本にとってあまり良い結果は招かないような気がします。(変な話ですが、このあたり、韓国の戦略的な進め方は見事だと思います。)

当然、日本の芸能界にとっても収入源が減るので、今回の発言は自己防衛みたいな意図もあったかもしれませんが、それはそれでもっともだと思います。

個人的には、もっとも国益に敏感なんじゃないかと思っている、フジ系列が韓国ドラマをたくさん放送しているのはちょっと解せないところがあります。絶対数として多いのかは分かりませんが、とりあえず、お昼の2時間連続して韓国ドラマを放送しているのは目立ちますので。

韓国ドラマを放送するお金があれば、そのお金で良質なドラマを作って、日本のコンテンツ産業を育ててほしいです。その方が普通の日本人にも喜ばれると思います。それでも韓国ドラマとか見たい人は、DVDで借りたら駄目なんでしょうか?

あと、奥さんの宮崎あおいと絡めて報道されているのもかわいそうです。こういうことは、立場が違えば考えも違うし、夫婦で考えが分かれても全然おかしくないと思うんですけど。

「夫婦の危機」とか、ゴシップネタに無理にして、本質から眼を離そうとしてるんじゃないかと思います。

どうも、最近枝葉にばかり目が行って、本質への分析、「何があるべき姿か」ということを考えない結果、しっかりとした方向性が出せないで立ち遅れていく事例が多いような気もしますが、この件もそのひとつのように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

MR2(SW20)のミニカー発見!

私のMR2は2代目「SW20型」で、ほとんどミニカーが出回っていません。どうも初代の「AW11型」も同様ですが。

楽天で検索しても売っていないので、半分諦めてたんですが、なんと、今日、いつもの「タムタム 仙台店」で発見しました!

会員カードを持っていなかったので、買うかちょっと迷ったのですが、結構希少品なので、買ってしまいました。3,000円以下と、意外に安かった。

これがその写真です。

Dsc01500Dsc01502


厳密に言うと、これはいろいろいわく付きの(苦笑)「Ⅰ型」で、私の「Ⅲ型」とはいろいろな部分が異なっています。

Dsc01354

うちのⅢ型(再掲)。外見上は主にリア周りが相当違います。ちなみに、これが出た頃は、リアビューはⅠ,Ⅱ型の方がいいな、と思ってました(笑)。

でも、色も一緒だし、手に入ってよかった!

あと、これも買ってしまいました。

Dsc01497

初代レガシィRS(BC5型)、「1993年ニュージーランドラリー優勝車」です。こっちも4,000円弱でした。

今は亡き、コリン・マクレーのドライブでスバルがWRC初優勝を決めた記念すべき車です。同じ型のRSには、昔乗っていたので、感慨もひとしおです。

ちなみに、BC5型の印象なんですが、回頭性と安定性のバランスが良く、とても運転しやすかったです。比較すると、MR2は相当に回頭性重視です(笑)。

Dsc01509

両者並べるとこんな感じです。写真では分かりづらいですが、MR2はレガシィより一回り小さいです。

「タムタム」には、他にもセリカとかランチャとか、90年代初頭のWRCミニカーが結構あったので、かなり嬉しいです。これからも継続的に買っていこうと思います。それにしても、SW3型も出るといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

ストラットタワーバーの取り付け

Nゲージの復旧の前に、やることがありました。

前に買っていた「ストラットタワーバー」の取り付けです。オクヤマのスチール製。

Dsc01482


このタワーバーを選んだ理由ですが、フロントがボディと3点で接続する形式になっていて、2点支持よりは剛性が出せそうなことがひとつです。あと、お値段がよく使われているTRDのものよりリーズナブルなことです。

個人的にはロアアームバーの方が好みなんですが、タワーバーの場合、自分で取り付けできるので、工賃が節約できるのが大きいです(笑)。

ちなみに、取り付け前はこんな感じ。これはフロントです。

Dsc01483

純正のタワーバーが細いながらもついてます。一応、これも3点支持にはなっているので、あまり効果はないかもしれません。もともとMR2はMR-Sほど剛性不足を感じませんし。

Dsc01484

これが取り付け後のフロント部の姿です。基本的にはボルトオンですが、タイヤハウスの内張りを若干切る必要があります。まあ、薄いプラスチックなのでカッターで簡単に加工できます。で、こっちがリア。

Dsc01485

リアの場合、純正のタワーバーも生かしてます。上のほうのX型の棒が純正です。若干取り付けにコツがいりますが、ほぼボルトオンです。ボディからボルトを外すのが一番大変でした。力の入るレンチと、CRCは必須だと思います。

大体取り付けには2時間ほどかかりました。効果はどうなのか、あとでアップします。取り付け終えたとほぼ同時に緊急地震速報が出て、ズシシシンという揺れ!いやー怖かった。

(追記)ちょっと走らせた感想ですが、MR-Sにロアアームバーを装着した際の印象と似ていて、サスが仕事をするようになった印象です。乗り心地も良くなったし、荒れた路面でも前より安定している感じがします。やはりボディ剛性は高いほうがいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

タムタム仙台店営業再開!

震災後、営業を中止していた「ホビーショップ タムタム 仙台店」が営業をついに再開したので、夕食を食べてからMR2を走らせて行ってきました。

店内はちょっと陳列棚の間隔が広くなったような気がしますが、鉄道模型、プラモデル、ミニカー、ラジコン等の充実した品揃えは健在で嬉しくなりました。

特に、模型関係は細かい部品も多いので、震災で売り物にならなくなった品物も多いと思います。そんな中で、再開にこぎつけた関係者の皆さんの努力には感謝したいと思います。

そんな思いを込めて、Nゲージを一品買ってきました。うちのレイアウトも震災で被害を受けています。これまではちょっと直そうという気がしなかったのですが、そろそろ復旧工事に入ろうかと思ってます。完成したら、ブログ上でお披露目しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

パークホテル東京

いやー、久々の更新です。最近はツイッターで書き込むことが多いです。あっちは気楽に書き込むことができるんですが、ブログだと構えてしまって・・・。

さて、このカテゴリー自体久々です。東京の実家に帰省していて、最終日にこのホテルに泊まりました。

泊まったのは2806号室です。

Dsc01445


内装は結構カジュアルかな?でも、流石に地デジ化直前だったので、テレビは32インチデジタルテレビです。ただ、地上波しか写りませんでしたが、まあ十分です。洗面所とかもまあ普通に機能的でした。

で、夜景ですが、前回の「ウェスティン」同様に、東京タワーが真正面に見える部屋です。

Dsc01454


でも、昼間の風景を念頭に置くとこっちのほうが好みかな。このホテルの場合、昼間は東京タワーのすぐ後ろに富士山と丹沢連峰が見えるんです。これがなかなか良いです。六本木ヒルズが見えないという欠点はありますが、あまり気になりませんでした。あと、東海道線のすぐそばにホテルがあるので、新幹線やサンライズ瀬戸、スーパービュー踊り子とか見えるのも「ウェスティン」にはないメリットです。

朝食は和洋バイキングで、まあ普通です。ただ、吹き抜けの一番下で食べるので、ホテルの通路から見下ろされるのがちょっと気になりました。

結論ですが、新橋駅からはちょっと歩きますが、値段と設備、夜景のバランスは素晴らしいです。汐留だと同価格帯で「ロイヤルパーク汐留タワー」もあるんですが、あっちは日テレタワーが目の前にあるので、夜景の広がりがあまりありません。というわけで、ちょっとリーズナブルに東京タワーを中心とした夜景を堪能するには是非お勧めしたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »