« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年9月

2012年9月23日 (日)

「SONAR SX-1」インプレ(公道編)

先週「SONAR SX-1」に交換して、土曜日にテスト走行をしてきましたので、そのインプレです。

走らせてみてすぐに気づいたのは、ステアリングが軽くなったことです。どうも、前に履いていた「PROXES T1R」の方が粘りはあるような気がします。

まず、蔵王エコーラインのインプレです。この道は宮城県側の登りは細かいコーナーが多く、下りの山形側は結構曲率の大きなコーナーが多いという違いがあります。個人的には山形側の方が好みです。

走らせてみると、素直に曲がるし、グリップも特に不足は感じません。特に山形側では先行車がいないことも多く、結構ハイペースで走ったのですが、限界を超えかけた時のリアの挙動も穏やかです。

というわけで、全く不満は感じませんでした。気になる点を強いて挙げると、ブレーキング時に時々、意外に早くロックすることがあることでしょうか。

このタイヤを作ったナンカン社はヨコハマタイヤと業務提携しているらしく、タイヤのパターンもヨコハマの「S.Drive」に似ているのですが、どちらかというと、ダンロップの「DZ101」と印象が近いです。

ただ、グリップ自体は「T1R」と明確に差が有る感じはしませんでした。また、今回、17インチにインチアップしたのですが、15インチの「T1R」と比べてハンドリングがクイックになった感じも特にありませんでした。このようにしてみると、「T1R」は剛性感、グリップなど、かなり高いレベルでまとまっていたと思います。

次は高速走行です。山形道でテストした感じでは、これまた安定感、ハンドリング共いい感じです。(まあ、実は安心感は「T1R」の方が上だったかもしれません。)ホイールが中古なので、ホイールバランスがちゃんと取れるのか不安だったのですが、安心しました。

結論としては、公道で普通に使うレベルでは、全く問題を感じませんでした。そうそう、ロードノイズも一般道、高速道共にとても静かでした。

というわけで、最近ちょっと停滞している国産セカンドクラスのスポーツタイヤと比べても全く遜色ないというのが感想です。

まあ、静粛性、ハンドリングの素直さ、剛性感など「T1R」の方が若干上回っているとは思いますし、「S.Drive」「DZ101」なども高いレベルでまとまっているのでモデルチェンジの必要があまりないんだろうとは思いますが、こういうタイヤを国産の3分の1以下で作られると、国産メーカーは厳しいなと思います。

まあ、サーキットではトレッド剥離するという話も聞きますし、耐久性は気になるところなので、今度試してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

17インチタイヤに交換

結構このブログには「DZ101 Sドライブ」といった検索ワードでアクセスしてくる方が多いですが、個人的には、好みの問題で、どちらでも満足すると思います。強いて言えば、端正なハンドリングなのがDZ101、ちょっと粘りがあるのがSドライブでしょうか?

さて、MR2なんですが、これまではF15インチ、R16インチのタイヤを履かせていたんですが、隣の駐車場のコペンが15インチホイールを履いていて、「なんだかなあ」と思い、交換することにしました。

ただ、MR2は特にフロントのホイールアーチが小さいので、非常に選択が難しいのです。結局、ヤフオクで「AVS MODEL6」の17インチ7Jオフセット45を購入しました。リアは8Jです。

タイヤは最初はSドライブを考えてました。DZ101を選ばない理由は、同じ205/40R17の場合、Sドライブが211ミリ、DZ101が214ミリと、Sドライブの方が若干狭いということです。少しでも余裕を持たせたいので。

ところが、国産タイヤは高い!イエローハットあたりで見積もりして比較すると、1本でアジアンタイヤ4本買えてしまう(笑)。というわけで、なかなかデザインの格好いい「SONAR SX-1」にしてみました。フロントはさっきのサイズ、リアは235/40R17で、4本でも25,000円位です。

交換はいつもの「ネッツトヨタ仙台西多賀店」さんで持ち込み交換です。工賃は8,400円と、意外にリーズナブルだと思います。

ちなみに、タイヤについては、前から「総幅」のことが気になってました。同じサイズのタイヤでも総幅はメーカーによって結構異なります。

今まで履いていたトーヨーの「プロクセス T1R」は195/55R15でホイール6Jの場合、総幅203ミリです。今回の「SONAR SX-1」は205/40R17でホイール7.5Jの場合、総幅212ミリです。

これまでのフロントは15インチ6.5Jだったので、いろいろ調べてみると、大体5ミリ位総幅が広がることになるようです。反対に、新しい17インチは5ミリほど狭くなることになります。

と、考えてみると、T1Rが203+5=208ミリ、SX-1が212-5=207ミリと、195/55R15の方が総幅が広くなる計算になります(笑)。実際にそうなるのか、交換の際に見せてもらいました。最初に両方並べた画像です。

Dscf03461

右がSONAR SX-1、左がT1Rです。順当にSX-1の方が幅広く見えます。次に、地面に置いて比較してみました。

Dscf03471_4

ほとんど変わりません。というわけで、タイヤの幅表示というのはあくまでひとつの参考だということが分かりました。

ただ、取り付けですが、前のF15インチはオフセット50に5ミリのスペーサーを入れて、実質45ミリで入っていたのですが、今度の17インチではデフォルトの45ミリではサスペンションに干渉してしまうので、やはりスペーサーを入れて、実質40ミリで入りました。

というわけで、単に総幅だけでなく、タイヤの形状とかも絡むので、微妙なサイズを入れる場合には、よく吟味したほうがいいと思います。あと、最近はいわゆる「面一」についても結構厳しくなってきているようなので、要注意です。
最後に交換前と交換後の比較画像です。

Dsc016591

こっちが交換前です。

Dscf03511

こっちが交換後。

なにぶん中古品のホイールなので、近くで見るといろいろあるのですが(笑)、遠目でみると精悍さが増して、格好良くなったような気がします。新しいタイヤのインプレはまた後で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

仙台ハイランド「プライマリーサーキットラン」に参加しました

9月8日に職場の同僚と仙台ハイランドで年に何回か行われている初心者向けのサーキット講習会「プライマリーサーキットラン」に行ってきました。実は初めてのサーキット走行です。

一般にサーキット走行というと、車の準備とかいろいろと敷居が高いものですが、このイベントの場合、結論から言えば、初心者参加も全然問題ありません。

内容ですが、最初に50分程度の座学があり、その後サーキットに出て、先導車(R35GT-R)の後ろについての慣熟走行+フリー走行3本(各20分)というスケジュールになっています。昼食時をはさむのですが、一応食堂もあるそうです。(自分たちはコンビニで食料を買っていきました。)

今回は20台ほどの参加だったのですが、半分位の参加者は結構走りこんでいるようで、タイヤとか準備状況がぜんぜん違うので一目で分かります。このイベントはハイランドのフリー走行と比べても実はお得なようで、結構初心者じゃない参加者も多いようです。

もっとも、この人たちとは全くペースが違う(あと、上手なので、スムーズに抜いていってくれる。)ので、最初に先に行かせてしまえば、あとはあまり早い車に煽られたりとか気にせずに、はじめてのサーキットを体験することができます。

サーキットを走っての感想ですが、140キロ以上の高速からのブレーキング→コーナリングとか、公道ではほとんど体験しないので結構おっかないです。あと、曲率の大きいコーナーとか、「どこで曲がればいいの?」と面食らいました。それから、車に急な挙動の変化を与えるのはやめたほうが良さそうです。1回スピンしてしまいました。

早い車のコース取りを後ろで観察しながら「こんな感じで走るのか・・・」とちょっとわかってきたかな?と思ったところでフリー走行終了といった感じでした。今度走るときはブレーキングとコース取りをもう少し考えようかと思います。あと、2回目のフリー走行のときからは講師の方が運転するセーフティーカー(シビックタイプR)に同乗できますが、初心者の方には強くお薦めします。流石に上手だし、加減速とかコーナリング方法とかとても勉強になります。

なお、車のほうですが、座学の時に「水温には注意してください。7台ほど炎上してます。無理しないように。」と結構物騒なことを言われましたが、終わった段階では、水温計もさほど変化なく、ブレーキパッドもそれほど減ってませんでした。ブレーキ、タイヤ、オイル等は事前に極端に磨耗してない事を一応点検していたのですが、この位で事前準備としてはまあ大丈夫かな、と思います。

ちなみに、同僚の人はレガシィB4で参加したのですが、「ブレーキがプアで、気になった」と言ってました。この人は今度トヨタ86を買うのですが、「やっぱり車にはダメージになるので、新車でサーキットは二の足を踏みますね」ということでした。私も同感です。(ちなみに、今回のイベントでも86とかBRZで参加されている人はいました。)

とりあえず、無事に終わって良かったです。といっても、ほんの少しゆとりを持って運転すれば、危険なことはないかな、と思いました。参加台数にも余裕があるそうなので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »