« 2013年2月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

宇宙戦艦ヤマト2199 第一章~第三章の簡単な感想(若干ネタバレ)

宇宙戦艦ヤマト2199ですが、最初は「今更ヤマトですか?」とか思っていたのですが、結局ブルーレイを予約購入している始末です(笑)。

現在は劇場公開は第六章まで終わり、テレビ放映は第四章の途中といったところですが、ここで第三章までの簡単な感想を書いておきます。

第一章 遥かなる旅立ち

この話は大体旧作をトレースしていて、ストーリー的にはそれほど目新しいところはありませんが、やはり絵がとにかく綺麗なのはいいです。とりあえず旧大和の状態のままで実体弾を発射して、ガミラスの空母を沈めてしまうヤマトには感動します(笑)。

まあ、なんでわざわざ旧戦艦大和に偽装しなくちゃならんのだ、とか突っ込みどころはもちろんありますが、そのあたりは「ヤマトなんで」と見過ごせれば特に問題ないかな、と思います。

あと、古代は2199でも森雪をはじめてみたときにサーシャを連想するわけですが、そんなに似てるかな?と思います。これは旧作でも感じましたが。まあ、雪の場合はこのあと本当にそっくりな誰かさんが出てきますけど(苦笑)。あと、旧作と違って雪に最初に話しかけたのは島ではありませんね。

第二章 太陽圏の死闘

この話は、自分の中では今のところ第五章と一、二を争う好きな話です。

要所要所のメカの描写が滅茶苦茶凝っていて感動します。波動砲発射とか、コスモゼロ・コスモファルコン発進の場面とか、アニメとは思えない精密な動きです。あと、反射衛星砲発射の場面も映像として綺麗だな。これ見るだけでもお金を払う価値はあるような気もします。

ストーリーでも、シュルツたち、ザルツ人が実はガミラスでも被差別種族だったことによる悲哀とか、旧作の矛盾点をなかなか上手に解消しています。また、シュルツが人心を得ているのがまた深みがあっていいです。冥王星陥落時に、彼を守ろうと参謀のヤレトラーが自ら盾になるところとか、なかなか泣けるところでもあります。

あと、特筆すべきはヤマトガールズ、中でも山本玲ですね。エンケラドゥスでも冥王星でもコスモゼロを駆って大活躍、雪からヒロインの座を奪いかねない勢いです。他の人たちも、一からげにするのは申し訳ないほど持ち味を出していると思いま。(まあ、新見さんとか百合亜とかは中盤以降の方が存在感を発揮していますが)。

第三章 果てしなき航海

結構地味な話が多いですが、なかなか味があります。とりあえず山本の勢いは止まりません(笑)。古代と一緒に船外作業を手伝ったりして、古代を奪いかねない勢いです。この段階ではですが。

この章でシュルツが亡くなってしまいます。自分も年を重ねたせいか、なんとなくシュルツとか、ゲールとか中間管理職系の人たちに共感を覚えてしまうところもあります。まあ、一部で大人気の(笑)娘さんもデスラーの計らいで路頭にはとりあえず迷わなさそうですね。

あと、この章ではガミラスの内実が明かされてきます。2199のガミラスはいろいろ複雑な要素を抱えていて、Zガンダムの地球連邦とか、銀河英雄伝説の自由惑星同盟のようです。このあたりが2199の結末を大きく左右するのかもしれません。

こういう政略的な部分は旧作が放送された時期にはまだアニメで描写するのは難しかったのかもしれません。余談ですが、「宇宙戦艦ヤマト3」では星間国家間の闘争を描こうとして、「話が難しい」と批判されたような記憶もあります。

というわけで、地球とガミラスを関係付ける存在として、メルダ・ディッツ少尉が登場してきます。ガミラスの大幹部、ディッツ提督の娘で、凄腕の美人パイロットという非常にストーリー上使いでのある存在です。

彼女を巡る古代や沖田と、島や山本とのスタンスの違い、さらには信義深いザルツ人と卑怯なゲールとの違いとか、いろいろな話が盛りだくさんに出てきて、なかなか興味深い展開になってきます。それにしても、ここでも山本はメルダとの対決があったり、本当に話が尽きない人です。

というわけで、簡単に書いてみました。読み返してみると、真田さんについてとか触れてなかったな。彼もちゃんと味を出しているのでご心配なく。

あと、森雪についても扱いが軽いかもしれませんが、じつはちゃんとヒロインとして扱われてはいます。ただ、山本の活躍が派手なので、どうしてもちょっと地味な扱いになっているかも。まあ、まさに第六章からが彼女の真価が表れているかもしれません。

最後に一言、絵も綺麗だし、面白いので見て損はないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

牡鹿コバルトラインの今

牡鹿コバルトラインは爽快なコーナーが続き、個人的には宮城県で最高のワインディングと思っています(蔵王エコーラインはヘアピンカーブが多すぎ)。

東日本大震災で大きな被害を受けて以来、行っていませんでしたが、どこまで復旧したか、走ってくることにしました。

コバルトラインの入り口は女川町にありますが、いきなりこんな看板があります。この看板にあります「小積ICまで」というのはここ1年変わっていないようです。

Dsc026941

路面とか大丈夫かな、と不安になりながら走り出すとすぐに、いきなり道路が崩落している場所があります。

Dsc026951

やはり震災の影響は大きかったようです。
とはいえ、実は小積ICまでの間で大きく崩落していたのはここだけで、あとは交互通行になっていたのが1箇所だけでした。

また、道路自体も全面的に舗装をし直した場所が多く、元々コバルトラインは結構つぎはぎが目立っていたので、全般的にはかえって震災前より路面状況が良くなっていました。ちょっと意外です。

途中、大六天山の展望台です。遠望すると震災前と変わらない風景のはずなのですが・・・。

Dsc027061

ちなみに、ここには以前になかった慰霊碑がありました。東日本大震災のものではなく、2006年のサンマ漁船の座礁事故の慰霊碑です。死者・行方不明16人という痛ましい事故でした。ご冥福をお祈りします。

展望台を過ぎてからも路面状況はなかなか良好でした。バイクも何台か走っていました。それだけ路面が回復したということだと思います。ただ、なにしろ道を忘れているので、結構慎重に走りました。センターラインをオーバーして事故を起こしては大変ですから。

というわけで、小積IC到着です。

Dsc027101

ここからは県道2号線まで行って、海岸沿いに半島先端を目指します。路面自体は県道の方がむしろコバルトラインより良くないという印象です。鮎川から先は結構ダートも多くなっています。

そして、久々の御番所公園です。何年ぶりだろう。展望塔とか完全に撤去されていたのには驚きました。

Dsc027121

画像の手前を見ても舗装に大きな亀裂が入っています。まあ、駐車場に入れるようになっただけでも良かったかもしれません。

コバルトライン終点の山鳥駐車場です。

Dsc027201

瓦礫置き場になっていました。中央の道路標示には「10月26日は原子力の日」と記されています。これを見たときはちょっと複雑な心境になりました。

鮎川です。

Dsc027211

写真中央あたりには以前は観光客用のレストハウスとかあったのですが、津波で流されて更地になっています。津波を逃れた家も結構多いのですが、やはり痛ましいものです。

帰りは県道2号線をひたすら走って渡波へ出ました。総じて、思ったよりも道路の復旧は進んでいる印象ですが、やはり、被災した地域を延々と走ることになるし、アプローチルートの三陸道も今一つ流れが良くないので、震災前のようにドライブルートとして気軽に利用するかはちょっと微妙なところかな、という印象を持ちました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

減衰力調整について

うちのMR2の車高調は「TEIN SUPER STREET」を装着しています。

ちょっとサーキットを走ることを考慮して、標準~若干固め(フロント16段中4段、リア16段中6段)にしていたのですが、普段走っているとやっぱり硬く感じます。ちなみに、うちの妻には爆発的不評で、「遠出はラパンがいい!」という始末です(涙)。

というわけで、しばらくサーキット行かないので、前後とももっともソフトに調整しました。余談ですが、調整はつまみを手で回すだけなので簡単です。

調整後、家の周りをちょっと走った感想ですが、道路の凸凹を乗り越えた際に、少しマイルドになって、乗り心地が良くなったような気がします。これで妻も満足してくれればいいのですが・・・。

あと、意外なことに、回頭性も良くなった気もします。そういえば、MR2の場合、足を固めすぎるのは良くないと聞いた様な・・・。まあ以前もそれほど固くしてはいなかったのですが。とりあえず、次のサーキットはこのセッティングのままで行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年8月 »