« 「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」冒頭10分の感想と展望(ネタバレ注意)(その2) | トップページ | 0.6倍レデューサーのBORG100EDへの取り付け »

2013年8月25日 (日)

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」の時間短縮について(微妙にネタバレ)

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」、昨日MOVIX仙台で見てきました。ツイッターでも書いたんですが、いやー、良かったです。

ただ、感想自体は差し支えます。HPでも出ていますが、上映版は時間短縮版とのこと。HPでは、「ストーリー展開に影響はありません」と出ていますが、やはり、第25話の展開に影響が出ているような気がします。

具体的には、ヤマトがバラン星に到達して、銀河系方面への亜空間ゲートを通ろうとする際のゲールの登場が結構唐突です。

旧作も、帰りのデスラー艦登場は似たような印象があるのですが、2199ではガミラス側描写も結構丁寧だったので、違和感があります。

なんとなく、短縮されている中に、ゲールが率いていたはずのガミラス主力艦隊の動向とか、デスラーが姿を消したあとのガミラスの体制とか、デスラーがなぜあそこにいたのかなど、自分が気になっているところが含まれているような気がしてなりません。10分くらいあれば、一通り描けそうな気もするのですが。

個人的には、
・ガミラス主力艦隊はディッツ提督が接収するけど、ゲールが従わずに一部を率いてバランに留まっている。
・ガミラスの政体は、ユリーシャをすっかり評価急上昇(笑)のヒスやタラン弟、ディッツ父娘が支えて結構安定。
・デスラーの心情ももう少し触れられる。
みたいに予想してます。まあ外れるでしょう(苦笑)。

というわけで、テレビ放送が最初になると思いますが、「完全な」第25話に注目して待とうと思います。

|

« 「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」冒頭10分の感想と展望(ネタバレ注意)(その2) | トップページ | 0.6倍レデューサーのBORG100EDへの取り付け »

宇宙戦艦ヤマト2199」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/58063566

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」の時間短縮について(微妙にネタバレ):

« 「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」冒頭10分の感想と展望(ネタバレ注意)(その2) | トップページ | 0.6倍レデューサーのBORG100EDへの取り付け »