« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」の時間短縮について(微妙にネタバレ)

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」、昨日MOVIX仙台で見てきました。ツイッターでも書いたんですが、いやー、良かったです。

ただ、感想自体は差し支えます。HPでも出ていますが、上映版は時間短縮版とのこと。HPでは、「ストーリー展開に影響はありません」と出ていますが、やはり、第25話の展開に影響が出ているような気がします。

具体的には、ヤマトがバラン星に到達して、銀河系方面への亜空間ゲートを通ろうとする際のゲールの登場が結構唐突です。

旧作も、帰りのデスラー艦登場は似たような印象があるのですが、2199ではガミラス側描写も結構丁寧だったので、違和感があります。

なんとなく、短縮されている中に、ゲールが率いていたはずのガミラス主力艦隊の動向とか、デスラーが姿を消したあとのガミラスの体制とか、デスラーがなぜあそこにいたのかなど、自分が気になっているところが含まれているような気がしてなりません。10分くらいあれば、一通り描けそうな気もするのですが。

個人的には、
・ガミラス主力艦隊はディッツ提督が接収するけど、ゲールが従わずに一部を率いてバランに留まっている。
・ガミラスの政体は、ユリーシャをすっかり評価急上昇(笑)のヒスやタラン弟、ディッツ父娘が支えて結構安定。
・デスラーの心情ももう少し触れられる。
みたいに予想してます。まあ外れるでしょう(苦笑)。

というわけで、テレビ放送が最初になると思いますが、「完全な」第25話に注目して待とうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」冒頭10分の感想と展望(ネタバレ注意)(その2)

続きです。

・セレステラも「ギムレー、役に立たない奴!」とお怒り。彼女も肝心なところは知らされてなくてかわいそう。ちなみに、ギムレーの判断ですが、敵はヤマト1隻なんだし、第2バレラス防衛の艦隊なんていらないんじゃないかと思わないでもない(苦笑)。
・バレラスの市街地上空でガミラス艦が沈められると、ビルに当たったり地上に墜落したりするので、市民の犠牲が多くて大変だろうな、と思ったりする。
・なんと、ヤマトが総統府に突っ込んじゃう!このとき、乗員に「衝撃に備えよ!」って指示を出してますが、その前のガミラス艦を引き裂いたりするときもそうですが、シートベルトもなしで耐えられるような衝撃ではないような気もします(苦笑)。
・タラン(弟)とかヒスも取り残されてるけど、どうなっちゃうんだろう?ヒスはともかく、タラン(弟)は生き残りそうな気もするんだけど。
・この話の雪は凛々しくてアクティブで格好いい。ノランさんは古代も知らない雪の姿をいろいろ見て惚れるだろうなあ。
・第2バレラスからバレラスに落下する物体が!バレラスの運命が本当に心配。コロニー落しみたいにならなきゃいいけど。

書き忘れてた。

・デスラーとスターシャの会話がメロドラマみたい(笑)。音楽もそんな感じ。スターシャなんて「アベルト」とかファーストネームで呼んでるし。旧作同様にデスラーはスターシャのこと愛してるんだろうな。
・あと、なんとなく、古代守は生きてなさそう。

10分だけでこんなに書くことがあるとは、恐るべしです。旧作とは随分変わってきてますが、先が読めなくて、これは楽しみです。バレラスの被害が少ないといいけどな。

さて、第七章の展望を予想してみたいと思います。

といっても、ヤマトの側の話ではありません。まあ大体結末は読めるような気がするし。むしろガミラスの落ち着き先が興味深いです。

個人的にはキーとなるのはディッツ提督だと思っています。第19話でドメル将軍は釈放されたのに、ディッツ提督は釈放されませんでした。多分、ギムレーにとってディッツ提督の方が脅威だからだと思います。

今のガミラスはギムレー率いる親衛隊による力の支配が猛威を振るっています。彼にとっては、より穏健なディッツが信望を集め、国防軍が反親衛隊でまとまるのは最悪の事態です。というわけで、デスラー暗殺計画にあわせてディッツを拘禁し、危険を排除したわけです。

ちなみに、ドメルについては、純粋軍人だし、それほど政略的に脅威とならないと感じたのでしょう。

こうやってみると、第六章後半でディッツが解放され、銀英伝でいえばエルファシル独立政府のヤン艦隊みたいな感じでフリーハンドを得て、それなりの艦隊戦力を取り戻しつつあるのは、ギムレーにとってヤマト以上の脅威のような気もします。
(あと、娘のメルダに無警戒だったのはある意味ギムレー最大のミスかも。何しろヤマトとディッツ提督の会見をセッティングして、今やヤマトの道案内やってるし(苦笑)。)

なんといっても「猛将ディッツ」だそうですし、ドメルに劣らぬ指揮能力を発揮したら、親衛隊敗北→穏健派政権成立→地球との講和ってストーリーもありかな、と思います。

そうそう、なぜか艦隊主力を率いちゃってる(笑)ゲールも親衛隊よりはディッツ提督の言うこと聞きそうですし、そういう意味では、一番みんな幸せになりそうなストーリーのような気もします。

ただ、実は、こうやって見ると、ギムレーはゼーリックと考え方が近そうだし、彼のクーデターに乗っておいたほうが良かったんじゃないかとか、不可解な点もあったりします。

あと、デスラーの考えが分からないな。今のところギムレーと同一歩調を取ってるけど、彼と考えが一緒なのかな?だとすると、デスラーに背く人は流石に少ないだろう(ゲールもデスラーに従うだろうし)からディッツ提督の旗色悪そうです。

もっとも、ここも、デスラー暗殺計画の際に、フラーケンの次元潜航艇にデスラーが乗艦していたのを思い起こすと、ひとひねりありそうな気もします。あの艦はそもそもはディッツ提督直属のはずだし。

というわけで、結論はデスラー次第のような気もしますが、ガミラスがどういう結末を迎えるのか、本編上映を楽しみに待ちたいと思います。ここまでガミラスの内情を描いてしまうと旧作のような壮絶な滅亡にはならないと思いますが、さて、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」冒頭10分の感想と展望(ネタバレ注意)(その1)

「宇宙戦艦ヤマト2199」、さっき20話のテレビ放送を見ましたが、絵がとても綺麗です。あと、やはり七色星団にはドリルミサイルが必要だよな。スタッフに感謝です!

この話では、森雪が誘拐されますが、悲嘆に暮れる古代の前にユリーシャが完全復活して現れます。このユリーシャがあまりに綺麗なので、劇場で見たときに「森雪いなくていいんじゃない?」と森さんに申し訳ないことを思ったわけですが、今日の掲示板なんかでも、結構同様な感想が多くて、やっぱりそうだよな、と思いました(苦笑)。

それでは、「第七章 冒頭10分」の感想をつらつらと書いていきます。

・この話も絵が綺麗。第21~22話とはまるで違う。テレビ版のクオリティではないよなあ。、
・タラン(兄)の言うようにデスラー砲は単艦の狙撃には向かないよな。沖田艦長も弱点見抜いてたし。
・デスラーは、やっぱり偽ユリーシャの正体を見抜いてるな。ちなみに、雪の顔色が少し白っぽいから本当にイスカンダル人に見える。
・「亜光速で突入!」って沖田艦長格好いい。ただ、途中で空母の迎撃にコスモファルコンとか向かわせたけど、ヤマトに帰れなくなるんじゃないか、と心配になりました(笑)。
・オペレーターは雪の代役で岬百合亜。本来の交代要員なので別におかしくないんですが、第四章あたりからのユリーシャ憑依モードが長かったので、普通に業務しているのに違和感(苦笑)。おまけに第一艦橋にユリーシャもいるので違和感を助長(笑)。さらにメルダまで乗ってるし。
・そのメルダですが、ガミラス総統府へのナビゲーションを買って出てる。これはガミラスに相当不利だと思う。
・ヤマト迎撃にはギムレーの親衛隊が当たりますが、バレラス防衛にはあまり熱心でなさそう。まあ、第二バレラスの方が大事なようです。
・デスラーも第二バレラスの方が大事そうで、バレラスから離れていってしまいます。雪とノランも一緒。
・そうそう、この話の雪はとても綺麗で表情が豊か。さすがヤマトの真のヒロインです。
・空母迎撃に出撃したコスモファルコン隊+山本玲のコスモゼロ。七色星団で消耗しているはずなのに空母3隻の艦載機隊を一蹴。旧作から思ってるんですが、ヤマトの艦載機隊はヤマト同様異様に強いです(笑)。
・親衛隊のガミラス艦もヤマトに一蹴(苦笑)。ただ、こういう場面ではガミラス側の戦艦は出てこない。そういう所はなかなか気を使ってると感心します。

長くなりそうなので、一回切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

宇宙戦艦ヤマト2199 第四章~第五章の簡単な感想

さっき、「第七章 冒頭10分」をちょっと見ていたんですが、恐ろしく派手ですねえ。テレビ放送のクオリティではないよなあ。第六章の後半2話の画像の質が良くなくて、うーんとか思っていたのですが、これは期待できそう。

さて、第四章、第五章の簡単な感想です。

第四章 銀河辺境の攻防

この章も比較的に地味です。

まあ、メルダ・ディッツと山本玲の戦闘機によるドッグファイト(山本はメルダにも勝てないし、雪との間もなんとなく劣勢だし、踏んだり蹴ったりかも知れない(苦笑)。)とか、フラーケン指揮の次元潜行艇との戦いとか、戦闘場面はちゃんとあって、それはそれで満足できるわけですが、簡単に言えば、「ガミラスとは何か」がより一層明らかになる話だと思います。そういう意味では、メルダを出してきた意味は大きいんだろうな。彼女との接触を経て、古代や島、そして山本はちょっと変わるし、今後の展開もより興味深くなった気がします。

それにしても、ガミラスも、ギムレーのような圧政派もいるし、タランのような穏健派もいるし、ゼーリックのような門閥貴族もいるし、ドメルのような純粋軍人もいるし、それぞれに事情を抱えていそうです。デスラーもイスカンダルを見上げて思惑有りそうだし、見ていて一番興味深かったのは戦闘場面のほとんどない第12話でした。

第五章 望郷の銀河間空間

自分の中ではこの章がベストです。

旧作で不満だったのが、ヤマトが一方的に強すぎで敵が馬鹿みたいに見えてしまうというのがありましたが、この章では、ヤマトの強さも存分にアピールしながら、ドメル艦隊はそのヤマトを完璧な作戦と艦隊運動で、真っ向から、あと一歩まで追い詰めます。

まさに、まともに戦ったらドメル艦隊の方がヤマトより強いということを存分にアピールしたのが素晴らしいと思います。

さらに、そんなヤマトが結局大マゼランにたどり着くわけですが、そこにはガミラス側の内紛が大きく影響しているわけです。でも、ただ運が良かっただけではなく、その結末に至るまでには、沖田艦長をはじめとしたヤマト乗員の勇気と知恵、決断があってこそのものだということがごく自然にストーリーとして繋がっている素晴らしい話だと思います。

この章はヘビーローテーションで何度も見たんですが、いつ見ても、大マゼランを岬百合亜が見つめるラストシーンで、「やっとたどり着いたんだな」と感慨に浸っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

GINJI-150FNのテスト撮影について

6月に新しい望遠鏡「GINJI-150FN」を購入しました。

笠井トレーディングで販売している口径15センチ、焦点距離600mmの反射望遠鏡で、同じスペックのレンズをニコンとかキヤノンで買おうとすると100万円以上するものが、32,000円で買えちゃうという極めてリーズナブルな(笑)商品です。

もっとも、ファインダーとかコマコレクターとかアクセサリーを合わせて揃えていくと本体価格と同じ位かかるのですが(苦笑)。

7月はテストしようにもとにかく天候が優れなかったのですが、8月に入って東北地方も梅雨明けしたので、MR2に機材を積み込んで早速出撃です。

この時期だと、観測には距離的にも空のポテンシャルでも本来蔵王が一番適しているのですが、珍しく海沿いのほうが晴れそうだったので、室根山にチャレンジしてみました。(余談ですが、一関からのR284の流れが夜なのに意外に悪くて、結構時間がかかりました。)

室根山は標高895m、山頂まで舗装された車道があるので、観測には好適です、と言いたいところですが、当初狙っていたキャンプ場とか、山頂の天体観測施設の周りの駐車場は、建物の灯りが煌々と燈っていて使えません。公共施設なので、防犯上とかやむを得ない面もありますが、少々残念でした。

仕方ないので、道路の待避所に車を止めて撮影を始めました。昔と違って、露出時間が1分とか短時間でも撮影が可能になったので、車が来てもなんとかなります。

「GINJI-150FN」の感想ですが、まず、ネットでも指摘されているのを見ましたが、接眼部の作りの詰めが甘いのが気になりました。

ピントを固定しようとしてネジを締めると、ピントが動いてしまうのには結構困りました。締め込んだ段階で丁度ピントが合うように見込みつつ調整するという高度な(?)テクニックでなんとかしましたが、厳密には合ってないだろうなあ。(ピント合わせ自体はライブビューで星を拡大して、スパイダーの回折像が綺麗な十字を描いたら合焦という感じで、比較的楽な気もします。)快適に撮影するには接眼部を改造した方がいいのかもしれません。

あと、星像もなんかいびつだし、光軸とか合っていないのかも。自分はそこそこ綺麗に撮れていればいいので、そんなにこだわりませんが、より良い写真を撮りたい方は気をつけた方がいいと思います。

もうひとつは、ファインダーが接眼部の右側についているので、使おうとすると接眼部が邪魔になって非常に使いづらかったです。これは逆側についていた方が良かった気がします。

それでは、作例です。余談ですが、さっき地震がありましたが、丁度これらの画像をいじっていたところでした。怖かったです。被害がないといいのですが。

最初に撮ったのはM27(あれい状星雲)です。この星雲はカワセミみたいな色が綺麗で、惑星状星雲の中で一番好きです。写真写りもいいし。

M272

2013年8月3日23時48分 EOS KISS X6i GPD赤道儀で電動追尾 露出30秒×2コンポジット

さすがはF4という明るい光学系です。ISO6400という高感度で撮ったのもありますが、露出30秒でここまで写るのは驚きです。まあ、細かいところはいろいろ粗があるんですが(苦笑)。

フィルムの時代は最低20分位ガイド撮影しなければこのレベルの写真は取れなかったことを考えると、いい時代になったと思います。

次がM33です。これはちょっと露出不足の感があります。(実はこの前にM57も撮ったのですが、無改造一眼デジカメなので、赤が全く出ず、M27と同じような発色になってしまったので、ここには出しません。)

M332

2013年8月3日23時48分 EOS KISS X6i GPD赤道儀で電動追尾 露出60秒×2コンポジット

といった感じで、不満もないわけではありませんが、大きめの星雲、星団を気軽に撮影するには十分使えそうというのが感想です。いろいろ撮影して行こうと思います。

あと、ついでにアンドロメダ銀河とすばるの写真もアップしておきます。どちらもEF200mmF2.8に1.4倍テレコンを組み合わせて撮ってます。ISOは6400です。

M312

こっちが定番のM31アンドロメダ銀河

M452

こっちはすばる(M45)

すばるのほうは露出60秒×4コンポジットですが、アンドロメダ銀河の方は露出60秒、1枚もので特に画像処理してません。この画像を見て思ったのですが、室根山はやはり相当光害は少ないと思いました。撮影地の標高が800m以上と、海岸部にしては結構高度を稼げるのもいいのかもしれません。条件が揃えば蔵王と比較してみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »