« 「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」の時間短縮について(微妙にネタバレ) | トップページ | 0.6倍レデューサー試写の結果 »

2014年1月 3日 (金)

0.6倍レデューサーのBORG100EDへの取り付け

久々の更新です。

やはり天文関係とかはブログの方が表現しやすいので、こちらを上手に使うことにします。ただ、タイトルをそろそろ変えようかな。

さて、私はBORG100EDを結構前から持っています。ちょっとF値が暗い(F6.4)し、BORGのF4レデューサーは10万円近くするので手を出す気はしないというわけで、ほとんどお蔵入り状態でした。

そこへ現れたのが、笠井トレーディングの「ED屈折用0.6×レデューサー」。お値段は23,000円。2インチ差込で望遠鏡に接続します。

これを使うと、384mmF3.8という、ビクセンのVSD100F3.8とほぼ同スペックを実現できてしまうというわけで、冬ボーナスを活用して買ってみました。

ただ、さすがに焦点距離が短くなるので、そのままでは微妙に合焦しません。

そこで、ドローチューブホルダーを外し、代わりにBORGのM77.6→M68.8ADで直接鏡筒にヘリコイドMを接続し、BORGのマウントホルダーSSを介して2インチ差込を可能にします。

さらに、GINJI-150FN用に買っていた笠井の2インチスリーブ延長筒(35ミリ)を挟んでレデューサーを差し込んでカメラをつないだら、無事合焦しました。

Dsc028161

ちなみに、これが取り付け後の状態です。背景が雑然としているのは無視してください(苦笑)。

というわけで、スペック上はかなり明るい光学系のわけですが、果たして星像とか大丈夫なのか、大いに気になります。何しろ、BORGのレデューサーの3分の1以下の値段ですし(笑)。

というわけで、早くテストしたいです。

|

« 「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」の時間短縮について(微妙にネタバレ) | トップページ | 0.6倍レデューサー試写の結果 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/58873725

この記事へのトラックバック一覧です: 0.6倍レデューサーのBORG100EDへの取り付け:

« 「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」の時間短縮について(微妙にネタバレ) | トップページ | 0.6倍レデューサー試写の結果 »