« Synscan On Gpのテスト | トップページ | 第一ホテル東京シーフォート »

2014年7月27日 (日)

PECトレーニング

ソニーのα7Sですが、天体写真も徐々にアップされてきました。印象としてはコンポジットすればISO25600あたりも使えそうで、ちょっとうらやましいです。

まあお金もないので、しばらくはK-5Ⅱsで頑張ります。もしかするとオートガイダー入れたほうがコストパフォーマンス高いかもしれないし。

それはともかく、PECトレーニングの続きです。宮城県も今週末は久々に晴れたので、金曜の夜に蔵王でテストです。

今回はファインダーをちゃんと持って行ったので、「ツースターアライメント」も無事にクリアです。

で、いよいよPECトレーニングですが、結論から言うと上手くいきませんでした。このためにセレストロンのガイドアイピース12.5mmとビクセンの2倍バローレンズを用意したのですが、BORG100EDと組み合わせて倍率150倍程度では足りないようで、レンズを覗いていてもピリオディックエラーがよく分かりません。

その後、M27を試写したところ、ただの恒星時追尾の方がPEC補正モードよりもガイドエラーが少ないという結果に終わりました。結果はアップしません(苦笑)。

いろいろと考えてみました。

セレストロンのガイドアイピースの場合、視野に十字線が二重に入っていて、その中心の枠に入れれば正確な追尾ができるという理屈なのですが、枠が大きすぎます。多分、この枠に入れただけでは追尾エラーは出るだろうなと思いました。

対策として、バローレンズの倍率を上げるというのも考えたのですが、その前に、昔使っていたビクセンのガイドアダプターだとどうだろうと思い、ちょっとテストしてみることにしました。

ビクセンのガイドアダプター、実はGA-4を昔持っていたのですが、引越しのごたごたなどで紛失してしまいました(苦笑)。しかし、後輩たちの観測所のGA-3をお借りすることにし、土曜の夜は安達行きです。

この日は夜に入っても暑いし、虫は多いしで本当に大変でした。虫除けをスプレーする横で耳のそばでは蚊の飛んでいる音がするというのはさすがに初めてでした(笑)。

透明度も悪いので、撮影は断念です。

機材はBORGではなく、昔使っていた口径6センチF7のガイド鏡を使いました。「ワンスターアライメント」でアルタイルを導入して、すぐにアンタレスでテスト開始です。余談ですが、PECトレーニングには天の赤道付近の星を使った方がいいそうですので、テスト星もアルタイルの方が良かったかもしれません。

Or7mmをセットしてみると、今回はちゃんと星の動きが分かります。第一円からはみ出さないように注意して、10分間のトレーニングを2回ほどやりました。これで追尾精度が上がるといいのですが。

ちなみに、Synscan On Gpにセットされてきたステッピングモーターの精度がビクセン純正より悪かったらどうしようと、ちょっと気にしていたのですが、PECトレーニングの際に星の動きを見ていた感じでは、特に問題はなさそうです。GPD自体の追尾精度自体も、昔ガイド製を見ながら長時間ガイドをしていた頃と特に差はない感じはしました。

というわけで、一応トレーニングを行うことができました。ただ、BORG100EDの方が焦点距離が長いし、赤道儀のバランスももう少し上手にとると、よりPECトレーニングの精度をあげることができそうです。

|

« Synscan On Gpのテスト | トップページ | 第一ホテル東京シーフォート »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140658/60051442

この記事へのトラックバック一覧です: PECトレーニング:

« Synscan On Gpのテスト | トップページ | 第一ホテル東京シーフォート »